人事の最前線

人事の最前線

法改正が国会審議 政府の労働政策で増大する労務コスト

法改正が国会審議 政府の労働政策で増大する労務コスト

2020年は、70歳までの就業機会確保や被用者保険の適用範囲拡大などの法改正が国会で審議される。こうした「全世代型社会保障」の実現を目指す政府の労働政策によって、企業の労務コストは増大する可能性がある。雇用の選択肢が増えていく中、「70歳雇用時代」を見据えた人事戦略の再考が必要になる。(文・溝上憲文編集委員)
主要人材コンサルティング会社アンケート「2020年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答5)

主要人材コンサルティング会社アンケート「2020年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答5)

2020年の人材需要と採用の課題を、企業の人材採用を支援する主要コンサルティング会社の事業責任者を対象にアンケート調査で聞いた。【回答社名:リネアコンサルティング、エンワールド・ジャパン、パソナ、経営者JP、MS-Japan、プライマリー・アシスト】
主要人材コンサルティング会社アンケート「2020年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答4)

主要人材コンサルティング会社アンケート「2020年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答4)

2020年の人材需要と採用の課題を、企業の人材採用を支援する主要コンサルティング会社の事業責任者を対象にアンケート調査で聞いた。【回答社名:リクルートキャリア、ヒューマンリソシア、みらいワークス、コンコードエグゼクティブグループ、レックスアドバイザーズ】
主要人材コンサルティング会社アンケート「2020年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答3)

主要人材コンサルティング会社アンケート「2020年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答3)

2020年の人材需要と採用の課題を、企業の人材採用を支援する主要コンサルティング会社の事業責任者を対象にアンケート調査で聞いた。【回答社名:Apex、キーンバウム ジャパン、エリメントHRC、ロバート・ウォルターズ・ジャパン、パーソルキャリア】
主要人材コンサルティング会社アンケート「2020年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答2)

主要人材コンサルティング会社アンケート「2020年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答2)

2020年の人材需要と採用の課題を、企業の人材採用を支援する主要コンサルティング会社の事業責任者を対象にアンケート調査で聞いた。【回答社名:イーストウエストコンサルティング、ジェイ エイ シー リクルートメント、キャリアエピソード、島本パートナーズ、A・ヒューマン】
主要人材コンサルティング会社アンケート「2020年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答1)

主要人材コンサルティング会社アンケート「2020年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答1)

2020年の人材需要と採用の課題を、企業の人材採用を支援する主要コンサルティング会社の事業責任者を対象にアンケート調査で聞いた。【回答社名:アクシアム、KMF PARTNERS、ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングス、アンテロープキャリアコンサルティング、フジキャリアデザイン】
主要人材コンサルティング会社アンケート「2020年 人材需要と採用の課題」景気の先行き懸念で雇用改善は転換期に

主要人材コンサルティング会社アンケート「2020年 人材需要と採用の課題」景気の先行き懸念で雇用改善は転換期に

2020年の人材需要と採用の課題を、企業の人材採用を支援する主要コンサルティング会社の事業責任者を対象にアンケート調査で聞いた。
2019年 人事動向の振り返り

2019年 人事動向の振り返り

2019年は平成から令和へ変わる時代の大きな節目に当たり、労働環境にも大きな変化が起こった。残業時間の上限規制や年休取得の義務化、改正出入国管理法による外国人労働者の受け入れ、そしてパワハラに対する法的規制など、今年1年間で起こった人事動向を振り返る。(文・溝上憲文編集委員)
2020年4月施行 同一労働同一賃金で変わる基本給・賞与・退職金

2020年4月施行 同一労働同一賃金で変わる基本給・賞与・退職金

「パートタイム・有期雇用労働法」「改正労働者派遣法」の施行が2020年4月に迫る中、各社の人事担当者は人事・賃金制度や就業規則の見直しに追われている。(文・溝上憲文編集委員)
専門家に聞く 2020年人事の重要テーマ 戦略人事/ダイバーシティ/タレントマネジメント/HRテック

専門家に聞く 2020年人事の重要テーマ 戦略人事/ダイバーシティ/タレントマネジメント/HRテック

ビジネスのグローバル化やデジタル化の進展、少子高齢化による労働力人口の減少など、経営環境の変化に対して従来型の人事では対応が難しくなっている。「2020年 人事の重要テーマ」や取り組みを進めるためのポイントなどを、企業経営・人事を支援する専門家に聞いた。
遅すぎた就職氷河期世代の就労支援~政府は人手不足業界への誘導を狙う

遅すぎた就職氷河期世代の就労支援~政府は人手不足業界への誘導を狙う

30代半ばから40代半ばの就職氷河期世代に対して政府が就職支援に本格的に乗り出すことになった。政府が掲げる目標は果たして実現可能なものなのか、支援内容を踏まえて解説する。(文・溝上憲文編集委員)
【バイリンガル人材の採用激化】「攻め」の採用で候補者を発掘

【バイリンガル人材の採用激化】「攻め」の採用で候補者を発掘

外資系企業が必要とするバイリンガル人材の採用競争が一層激しさを増している。従来の採用手法だけでは十分な応募を集めることが難しくなっており、必要な人材を確保するためには潜在的な候補者にもアプローチしていくことが欠かせなくなっている。
働き方改革の実情 年休義務化と残業規制で懸念される労務リスク

働き方改革の実情 年休義務化と残業規制で懸念される労務リスク

年休義務化と残業規制を含む働き方改革関連法は、大企業ではすでに4月1日から施行され、中小企業では2020年4月1日からとなる。中小企業が現状どのような対策を講じているか、人事関係者に取材した。(文・溝上憲文編集委員)
人事部門の課題と生産性向上

人事部門の課題と生産性向上

多くの職場に広がる慢性的な人材不足は人事部門も例外ではない。人事部門が重要な課題に取り組むためには、外部の専門サービスを上手く活用し、生産性を高めなければならない。
企業の命運を分けるデジタル人材の採用と育成

企業の命運を分けるデジタル人材の採用と育成

IoT、ビッグデータ、AI(人工知能)などのテクノロジーによって、これまでのビジネスのあり方が大きく変わろうとしている。人材市場では稀少なデジタル技術者や事業責任者などの奪い合いとなっており、多くの企業が人材確保に頭を悩ませている。事業変革を推進していくためのデジタル人材の採用や育成について、最新事情を取材した。
131 件

人事の最前線で人気のキーワード