採用の記事

人と組織の成長が支援できる事業体に長期視点で進化する インテリジェンス 峯尾太郎社長

人と組織の成長が支援できる事業体に長期視点で進化する インテリジェンス 峯...

労働力不足が深刻化する中で、従業員の生産性向上が喫緊の課題となっている。こうした環境下で人材サービス業の果たす役割は重要だ。昨年、インテリジェンスの新社長に就任した峯尾太郎氏に事業方針や課題などを聞いた。
11月の完全失業率3.1%、正規雇用56万人増

11月の完全失業率3.1%、正規雇用56万人増

 総務省が発表した労働力調査(速報)によると、11月の完全失業率(季節調整値)は前月に比べ0.1ポイント上昇の3.1%だった。
11月の有効求人倍率1.41倍、2カ月続けて全都道府県で1倍を上回る

11月の有効求人倍率1.41倍、2カ月続けて全都道府県で1倍を上回る

 厚生労働省が発表した11月の有効求人倍率(季節調整値)は1.41倍で、前月に比べて0.01ポイント上昇した。3カ月連続の上昇で、1991年7月(1.44倍)以来25年4カ月ぶりの高水準となった。
11月の求人広告0.6%増、全ての地域がマイナス

11月の求人広告0.6%増、全ての地域がマイナス

 11月の求人メディア全体の広告掲載件数が前年同月比0.6%増となったことが、全国求人情報協会のまとめで分かった。
社員の「目指すべき姿」を明確に伝える採用メッセージを発信 JK ホールディングス 大塩茂樹  人材開発課長 

社員の「目指すべき姿」を明確に伝える採用メッセージを発信 JK ホールディ...

万人受けする採用メッセージから、社員が「目指すべき姿」を明確に掲げて求める人物像を伝えるメッセージに切り替えて採用効率を大幅に高めることに成功したJKホールディングス。採用の変革をリードしてきた人材開発課長の大塩茂樹氏に取り組み内容などを聞いた。
未充足の求人がある事業所が52%、医療・福祉業では74%

未充足の求人がある事業所が52%、医療・福祉業では74%

 未充足の求人がある事業所が52%に上ることが、厚生労働省の11月の労働経済動向調査で分かった。医療・福祉業は7割以上、サービス業や宿泊・飲食サービス業では6割以上となっている。
障がい者雇用が13年連続で過去最高、法定雇用率を達成企業は49%

障がい者雇用が13年連続で過去最高、法定雇用率を達成企業は49%

 厚生労働省が発表した障がい者の雇用状況の取りまとめによると、企業に雇用されている障がい者数が13年連続で過去最高となっていることが分かった。
10月の有効求人倍率1.40倍、全都道府県で1倍を上回る

10月の有効求人倍率1.40倍、全都道府県で1倍を上回る

 厚生労働省が発表した10月の有効求人倍率(季節調整値)は1.40倍で、前月に比べて0.02ポイント上昇した。1991年8月(1.40倍)以来25年2カ月ぶりの高水準となった。
10月の完全失業率3.0%、正規雇用74万人増

10月の完全失業率3.0%、正規雇用74万人増

 総務省が発表した労働力調査(速報)によると、10月の完全失業率(季節調整値)は前月と同率の3.0%だった。
大卒初任給20万3400円で過去最高

大卒初任給20万3400円で過去最高

 2016年の大卒初任給は前年比0.7%増となる20万3400円で、過去最高額となったことが厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」で分かった。
大学生の就職内定率10月1日現在71.2%、リーマン・ショック前の水準を超える

大学生の就職内定率10月1日現在71.2%、リーマン・ショック前の水準を超える

 来春卒業予定の大学生の就職内定率は、リーマン・ショック前のピークを8年ぶりに更新したことが分かった。厚生労働省と文部科学省が就職内定状況等を共同で調査し、10月1日現在の状況を取りまとめた。
米雇用16.1万人増、失業率4.9% 10月雇用統計

米雇用16.1万人増、失業率4.9% 10月雇用統計

 米労働省が発表した10月の雇用統計によると、景気との連動性が高い非農業部門の雇用者数(季節調整値)が前月に比べ16万1000人の増加となった。雇用改善の目安とされる20万人を3カ月続けて下回った。
大卒の3割以上が3年以内に退職 宿泊・飲食業では5割超

大卒の3割以上が3年以内に退職 宿泊・飲食業では5割超

 2013年3月大卒者の3割以上が3年以内に入社した企業を辞めていることが、厚生労働省が発表した「新規学卒者の離職状況」から明らかになった。
9月の求人広告16.2%増、求人意欲の高水準続く

9月の求人広告16.2%増、求人意欲の高水準続く

 9月の求人メディア全体の広告掲載件数が前年同月比16.2%増となったことが、全国求人情報協会のまとめで分かった。
9月の有効求人倍率1.38倍、正社員有効求人倍率0.88倍

9月の有効求人倍率1.38倍、正社員有効求人倍率0.88倍

 厚生労働省が発表した9月の有効求人倍率(季節調整値)は1.38倍で、前月に比べて0.01ポイント上昇した。
327 件

採用で人気のキーワード

セミナー・イベント

プレスリリース