【著者が語る】正解が見えない課題を圧倒的に解決する 超仮説思考

【著者が語る】正解が見えない課題を圧倒的に解決する 超仮説思考

コーン・フェリー・ヘイグループ 高野研一 代表取締役社長
職場のデジタル化の重要性 男女間で意識に違い ランスタッド調査

職場のデジタル化の重要性 男女間で意識に違い ランスタッド調査

 職場におけるデジタル化の重要性に対して男女間で意識の違いが大きいことが、総合人材サービス会社ランスタッドが実施した調査で明らかになった。
人事専門家に聞いた 2017年 人事の最重要テーマは次世代リーダーの育成

人事専門家に聞いた 2017年 人事の最重要テーマは次世代リーダーの育成

ビジネスのグローバル化や少子高齢化による労働力人口の減少など、経営環境の変化に対して従来型の人事では対応が難しくなっている。「2017年の人事の重要テーマ」を、企業の採用、育成・研修、組織力強化などを支援する専門家50人に対してアンケート調査で聞いた。
R&D支出額トップはフォルクスワーゲン アマゾンとグルーグルが上昇、トヨタは10位

R&D支出額トップはフォルクスワーゲン アマゾンとグルーグルが上昇、トヨタは10位

 2016年の世界のR&D支出トップ1000社のR&D支出額は6800億ドルで、前年比0.04%増の微増だったことがPwCの戦略コンサルティングを担うStrategy&(東京・千代田、今井俊哉代表)が実施した「グローバル・イノベーション調査」で分かった。1000社の売上高は16兆ドルで前年比11.8%減だった。
会計監査人の異動に東芝の不正会計の余波

会計監査人の異動に東芝の不正会計の余波

 2016年の1月~9月に会計監査人(監査法人)を退任した社数が最も多かった監査法人は、東芝の不正会計で金融庁より処分を受けた「新日本有限責任監査法人」であることが帝国データバンクの調査で分かった。
自動車やヘルスケア業界の大手企業とスタートアップ連携を推進 日本アイ・ビー・エム

自動車やヘルスケア業界の大手企業とスタートアップ連携を推進 日本アイ・ビー・エム

 日本アイ・ビー・エム(東京・中央、ポール与那嶺社長)は、国内スタートアップの事業育成を支援するインキュベーション・プログラム「IBM(R) BlueHub(ブルーハブ)」の活動領域を広げ、自動車業界とヘルスケア業界の大手企業とスタートアップ企業との連携を推進する。
上半期の倒産は8年連続で減少、1990年度以来の低水準

上半期の倒産は8年連続で減少、1990年度以来の低水準

 東京商工リサーチの調べによると、今年度上半期の企業倒産が1990年度以来の低水準となったことが分かった。
大手・中堅企業 事業拡大や新規事業進出で中途採用

大手・中堅企業 事業拡大や新規事業進出で中途採用

 大手・中堅企業が事業拡大や新規事業進出を理由に中途採用を行っていることが、厚生労働省の転職者実態調査で分かった。
「ビッグバンド型」組織マネジメントについての国際シンポジウムとミニ・コンサートを開催 法政大学

「ビッグバンド型」組織マネジメントについての国際シンポジウムとミニ・コンサートを開催 法政大学

 法政大学イノベーション・マネジメント研究センターは国際シンポジウム「ビッグバンド型組織マネジメントの可能性」を開催する。
イノベーションを生み出す人材と組織の条件とは

イノベーションを生み出す人材と組織の条件とは

IoT、ビッグデータ、人工知能(AI)などによって、これまでのビジネスモデルが大きく変わろうとしている。経営戦略の実現のために新たなビジネスモデルをつくりだすイノベーション人材の獲得や組織づくりは、経営トップや人材マネジメントにとって喫緊の課題となっている。イノベーションを生み出す人材と組織づくりの現状を取材した。
10 件