水田正道 テンプホールディングス社長 M&Aによる規模拡大で雇用の安定化を目指す

水田正道 テンプホールディングス社長 M&Aによる規模拡大で雇用の安定化を目指す

テンプホールディングスはM&Aに積極的に取り組み、2013年4月には人材サービス大手のインテリジェンスを買収して経済界を驚かせた。同年5月には創業者の篠原欣子氏が会長、水田正道氏が社長に就任した。大きな変革期にある同社を率いる水田氏に次なる成長戦略や人材業界の今後について聞いた。
インテリジェンス 峯尾太郎 常務執行役員 顧客満足・従業員満足を高め、支持顧客の創造を目指す

インテリジェンス 峯尾太郎 常務執行役員 顧客満足・従業員満足を高め、支持顧客の創造を目指す

 総合人材サービス大手のインテリジェンスは、いま、「支持顧客の創造」をテーマに顧客満足度・従業員満足度の向上に取り組んでいる。その背景には世界金融危機で気づかされた、それまでの企業体質への反省があった。その活動の指揮を取る常務執行役員の峯尾太郎氏に話を聞いた。
インテリジェンス 鎌田和彦社長 競争力の維持に不可欠な“ブランド力”を高め、確立することが今、求められている

インテリジェンス 鎌田和彦社長 競争力の維持に不可欠な“ブランド力”を高め、確立することが今、求められている

人材ビジネス業界は規制緩和以降、新規参入事業者が急速に増加し、採用市場の“バブル化”も手伝って、拡大の一途をたどっている。しかし、ここに来て人材派遣業における不祥事が相次いだほか、収益を確保するためのM&Aによる大規模な業界再編の気運も活発化している。 昨年、学生援護会の買収により、人材ビジネスにおけるリーディングカンパニーとしての地位を確立し、業界を牽引するインテリジェンス社長の鎌田和彦氏に、現在の人材ビジネスを取り巻く環境と、今後の動向について聞いた。
18 件