社長の平均年齢59.3歳、過去最高の更新続く

社長の平均年齢59.3歳、過去最高の更新続く

 社長の平均年齢が過去最高を更新したことが帝国データバンクの調査で明らかになった。平均年齢は59.3歳で、社長の高齢化が進んでいる。
ビジネスリーダーのキャリア戦略を支援し、企業成長に貢献する コンコードエグゼクティブグループ 渡辺秀和社長

ビジネスリーダーのキャリア戦略を支援し、企業成長に貢献する コンコードエグゼクティブグループ 渡辺秀和社長

プロフェッショナルファーム、グローバル企業や成長企業への人材紹介で業績を伸ばしているコンコードエグゼクティブグループ。代表取締役社長 CEOの渡辺秀和氏に、人材紹介の特徴や事業方針などについて話を聞いた。
イノベーションを生み出す人材と組織の条件とは

イノベーションを生み出す人材と組織の条件とは

IoT、ビッグデータ、人工知能(AI)などによって、これまでのビジネスモデルが大きく変わろうとしている。経営戦略の実現のために新たなビジネスモデルをつくりだすイノベーション人材の獲得や組織づくりは、経営トップや人材マネジメントにとって喫緊の課題となっている。イノベーションを生み出す人材と組織づくりの現状を取材した。
働き方改革とリーダー育成で“人財”を獲得し、競争力を高める MSD 太田直樹 取締役執行役員

働き方改革とリーダー育成で“人財”を獲得し、競争力を高める MSD 太田直樹 取締役執行役員

「2020年までに日本で最も優れたヘルスケア企業となることを目指す」というビジョンを掲げるMSD。「優れた人財から選ばれる企業となる」ことを目的として、働き方改革やリーダー育成に注力している。人事部門を統括する太田直樹氏に、人事施策の狙いや取り組み状況などを聞いた。
現場の現実感を大事にして志高き経営者をサポートする 経営者JP 井上和幸社長

現場の現実感を大事にして志高き経営者をサポートする 経営者JP 井上和幸社長

次世代を担う経営者やリーダーを育成・輩出していくことで、社会全体を活性化させたいとの想いから設立された経営者JP。代表取締役社長・CEO の井上和幸氏に、注力している取り組みテーマや事業方針などについて話を聞いた。
東芝不正会計事件 改めて問われる企業の組織風土とリーダーの資質

東芝不正会計事件 改めて問われる企業の組織風土とリーダーの資質

再び経営トップの不祥事が発覚した。菊川剛元社長ら経営陣が逮捕された2011年のオリンパスの粉飾決算事件、続く大王製紙事件、そして今回の東芝不正会計事件も含めて企業の人事・組織風土と経営トップの資質が改めて問われている。
「人材の二極化時代」の採用戦略 経営幹部候補のリーダー人材から選ばれる企業になる

「人材の二極化時代」の採用戦略 経営幹部候補のリーダー人材から選ばれる企業になる

経営幹部候補であるリーダー人材の採用や育成への関心が高まっている。しかし、リーダー人材を確保するための人事戦略が実現できている企業はまだ少ないようだ。企業の人材採用の実情に詳しい人材紹介会社コンコードエグゼクティブグループ社長の渡辺秀和氏に、リーダー人材から選ばれる企業になるための採用戦略などを聞いた。
活躍するリーダーを採用・育成できない企業の課題

活躍するリーダーを採用・育成できない企業の課題

経営環境の変化でリーダー人材の採用と社内人材の育成を強化する企業が増えている。一方で、「リーダーを採用できない、育成できない」との声も挙がる。今後、何を実践すればリーダーを確保することができるのか、企業の課題を探った。
新たな環境を乗り越えていくニューリーダーの条件 日本コーン・フェリー・インターナショナル 妹尾輝男社長 

新たな環境を乗り越えていくニューリーダーの条件 日本コーン・フェリー・インターナショナル 妹尾輝男社長 

グローバル化の進展などによって日本企業を取り巻く環境が大きく変化している。経営幹部層の獲得や人材アセスメントの実態に詳しい日本コーン・フェリー・インターナショナル社長の妹尾輝男氏に、日本企業の人材戦略の課題や今後求められるリーダーの条件などについて聞いた。
経営幹部の採用・選抜・育成の課題

経営幹部の採用・選抜・育成の課題

伝統的な日本企業で、生え抜きではなく外部から企業トップを招くケースが出てきている。一方、社内で選抜した人材を次の経営幹部として育てるための取り組みを強化する企業も増えている。変革の時代にふさわしい経営幹部の採用・選抜・育成の課題は何か。企業の人材戦略を支援する専門家に聞いた。
【著者が語る】リーダーシップ3.0―カリスマから支援者へ

【著者が語る】リーダーシップ3.0―カリスマから支援者へ

THS経営組織研究所 小杉俊哉 代表社員
日本選抜から世界選抜へ転換進む人材マネジメント グローバルリーダーの確保を急ぐ資生堂と三井物産の取り組み

日本選抜から世界選抜へ転換進む人材マネジメント グローバルリーダーの確保を急ぐ資生堂と三井物産の取り組み

日本企業のグローバル化が進み、ビジネスを牽引するグローバルリーダーの確保が急務となる中、人材育成と人事のグローバル化に取り組む動きが加速している。
19 件