バイリンガルの外国人が仕事に使う日本語技能は「話す」、若年層は映画やアニメで習得

バイリンガルの外国人が仕事に使う日本語技能は「話す」、若年層は映画やアニメで習得

 バイリンガルのための転職・求人情報サイトを運営するダイジョブ・グローバルリクルーティング(東京・港、篠原裕二社長)が、日本語能力がビジネスレベル以上の外国人ビジネスパーソンを対象に実施した「日本語習得に関するアンケート調査」によると、「読む」・「聞く」・「話す」・「書く」の4技能のうち、最も仕事に使う技能は「話す」スキルであることが明らかとなった。
日本で働く外国人が過去最多、前年比18.0%増

日本で働く外国人が過去最多、前年比18.0%増

 日本で働く外国人が127万人超と過去最多となったことが、厚生労働省の「外国人雇用状況」の届出状況のとりまとめで分かった。(2017年10月末現在)
ヒューマンリソシア 外国人ITエンジニア「日本語力育成プログラム」を導入

ヒューマンリソシア 外国人ITエンジニア「日本語力育成プログラム」を導入

 人材サービスのヒューマンリソシア(東京・新宿、御旅屋貢社長)は、「外国人ITエンジニア常用雇用型派遣サービス」を拡大するため、「日本語力育成プログラム」を導入した。2019年3月末までに500人のエンジニアを雇用し、国内企業に派遣する計画だ。
日本で働く外国人が過去最多、100万人を超える

日本で働く外国人が過去最多、100万人を超える

 日本で働く外国人が過去最多となったことが分かった。厚生労働省が201610月末現在の状況を取りまとめた。
4 件