11月の現金給与28万398円、実質賃金1.6%減

2021年11月の一人当たりの現金給与総額は28万398円で、物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月と比べ1.6%減となったことが、厚生労働省が発表した2021年11月の「毎月勤労統計調査」(速報、事業所規模5人以上)で分かった。

11月の一人当たりの現金給与総額は28万398円で、前年同月と同水準となった。

現金給与総額のうち、きまって支給する給与は前年同月比0.5%増の26万4632円で、所定内給与は0.3%増の24万6063円、所定外給与は2.7%増の1万8569円。特別に支払われた給与は、7.9%減の1万5766円。

現金給与総額の前年同月比を業種別に見ると、不動産・物品賃貸業32万1217円(3.7%増)、飲食サービス業等11万7866円(3.3%増)、その他のサービス業24万2487円(3.0%増)など9業種で増加した。

前年同月比が減少したのは情報通信業40万8725円(5.2%減)、学術研究等39万1253円(4.0%減)、医療・福祉25万9856円(3.4%減)など7業種だった。

物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月と比べ1.6%減。

11月の一人当たりの所定外労働時間は前年同月比4.1%増の10.1時間となった。

所定外労働時間の前年同月比を業種別に見ると、生活関連サービス等5.8時間(16.0%増)、製造業14.4時間(9.1%増)、不動産・物品賃貸業11.9時間(8.1%増)などが増加し、鉱業・採石業等11.6時間(28.4%減)、飲食サービス業等4.1時間(6.9%減)、医療・福祉4.4時間(4.4%減)などが減少した。

大手・上場企業の人事部長へセミナー・サービス案内を配信できる「メールDM」受付中

関連記事

ピックアップ

  1. 【フォルトナ】社員幸福度No.1を掲げ、“社員幸福ドリブン経営”で急成長 コンサル領域・スタートアップ領域2つの頂で業界トップを猛追

  2. 【アスリート1万2000人への研修実績を持つホープス】スポーツ事例を使った研修手法で企業の若手リーダー育成を支援

  3. 【コンコードエグゼクティブグループ】優秀な人材を採用できない企業からは、エース社員も流出する~企業の持続的成長を実現する採用革新

  1. アンテロープキャリアコンサルティング「金融とコンサルティング業界に専門特化し、プロフェッショナル人材を紹介しています」

  2. ネクストエデュケーションシンク「企業のDX人財育成など先進の科学的アセスメント、組織分析・コンサルを迅速に実施します」

  3. ウィンスリー「デジタル、DX 推進人材の採用支援を強みとし、転職市場に現れない優秀な人材を紹介します」

  4. エンプラス「初めて日本に住む外国人の海外採用や転勤者受け入れを支援し、社員の定着を促進します」

  5. タイズ「関西のメーカーへ技術者・専門職を紹介し、多くの顧客で書類選考通過率が1位です」

  6. アサイン「求人企業の成長要因を徹底的に分析し、価値観が合致する若手ハイクラス人材を紹介します」

  7. ヘルスデザイン「“専門産業医”と“チーム対応力”を強みに、従業員や組織の健康を守ります」

  8. SUCCESS21「消費財、ファッション業種のスペシャリストを独自の人事顧問ネットワークから探し出します」

  9. ロバート・ウォルターズ・ジャパン「20年以上の国内実績と世界最大級の日英バイリンガル人材データベースで採用活動をサポートします」

  10. A・ヒューマン「ミドル〜エグゼクティブ・マネジメント層までカバーする業界専門チームを擁する人材紹介会社です」

TOP