転職

キャリアや仕事にポジティブな転職者が増加

キャリアや仕事にポジティブな転職者が増加している―——こんな結果が転職希望者を対象としたインテリジェンス(東京・千代田、峯尾太郎社長)の調査で分かった。

転職理由の2位は「会社の将来性が不安」(9.4%)、3位は「給与に不満がある」(7.5%)となったが、2012年上半期から7回連続で1位は「ほかにやりたい仕事がある」(12.2%)だった。

 前回(2015年下半期)と比較すると、「専門知識・技術力を習得したい」(前回比0.1ポイント増)、「幅広い経験・知識を積みたい」(同0.2ポイント増)、「市場価値を上げたい」(同0.3ポイント増)といったポジティブな転職理由が増加した。

 一方、「給与に不満がある」「残業が多い/休日が少ない」といったネガティブな転職理由はいずれも0.2ポイント減少した。

【転職理由ランキング】
1位 ほかにやりたい仕事がある 12.2%
2位 会社の将来性が不安 9.4%
3位 給与に不満がある  7.5%
4位 残業が多い/休日が少ない 6.1%
5位 専門知識・技術力を習得したい 4.9%
6位 幅広い経験・知識を積みたい 3.9%
7位 雇用形態を変えたい 3.0%
7位 U・Iターンしたい  3.0%
7位 市場価値を上げたい 3.0%
10位 業界の先行きが不安 2.7%
 業種別に見ると、7つの業種で1位が「ほかにやりたい仕事がある」となっている。一方、グローバルで苦戦が続く「メーカー」では「会社の将来性が不安」が1位となった。

 しかも、前回に比べて割合は0.2ポイント上昇している。また「金融」「商社/流通」「小売/外食」でも「会社の将来性が不安」の割合が上昇した。

 一方、「IT/通信/インターネット」では「ほかにやりたい仕事がある」の割合が0.9ポイント上昇し「会社の将来性が不安」は0.6ポイント減少した。

 インテリジェンスでは、転職希望者は売り手市場である今の時期にキャリアを高めたいと考え、企業側は退職者を減らそうと環境面や待遇面の改善を図っていることが一因と分析している。
【IT/通信/インターネット】
1位 ほかにやりたい仕事がある 13.1%
2位 会社の将来性が不安 8.0%
3位 専門知識・技術力を習得したい 7.6%

【メーカー】
1位 会社の将来性が不安 13.5%
2位 ほかにやりたい仕事がある 12.2%
3位 給与に不満がある 6.6%
【メディア】
1位 ほかにやりたい仕事がある 12.6%
2位 残業が多い/休日が少ない 8.2%
3位 会社の将来性が不安 8.0%

【金融】
1位 ほかにやりたい仕事がある 14.2%
2位 会社の将来性が不安 7.3%
3位 ノルマが厳しい 6.4%

【メディカル】
1位 ほかにやりたい仕事がある 13.0%
2位 会社の将来性が不安 10.3%
3位 給与に不満がある 6.5%

【商社/流通】
1位 ほかにやりたい仕事がある 11.7%
2位 会社の将来性が不安 10.6%
3位 給与に不満がある 9.7%

【小売/外食】
1位 ほかにやりたい仕事がある 10.4%
2位 給与に不満がある 8.4%
3位 残業が多い/休日が少ない 7.6%

【サービス】
1位 ほかにやりたい仕事がある 11.7%
2位 給与に不満がある 8.4%
3位 会社の将来性が不安 7.5%

 調査は、2015年10月~2016年3月の半年間に転職サービス「DODA」に登録したビジネスパーソン約3万人を対象に実施した。

オリジナル採用サイト制作サービス採用アクセル
経営者JP

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP