ライフ

【夏】7〜8月上映のおすすめ映画【5選】

夏本番!本格的な暑さはこれから。海水浴をはじめとしたアウトドアのレジャーもおすすめですが、暑さに疲れたら、空調の効いた映画館でまったりと映画鑑賞というのもひとつの過ごし方です。そこで、この記事では、2016年7~8月に上映予定のおすすめ映画をご紹介します!

アメリカのエンターテインメントを満喫する!

ターザン:REBORN

『ハリー・ポッター』の製作スタッフによる、ターザンの物語。アフリカのコンゴのジャングルで動物たちに育てられたターザン。コンゴ政府に一目置かれる存在であったターザンだが、仕掛けられた策略にハマり、愛する妻を誘拐されてしまう。監督は『ハリー・ポッター』シリーズでお馴染みのデイヴィッド・イエーツ。
7月30日公開予定。

X-MEN:アポカリプス

アメリカをはじめ、世界中にファンを持つ『X-MEN』シリーズ。その集大成と位置付けられているのが本作。舞台は紀元前3600年。エジプトのピラミッドに君臨した「アポカリプス」は、協力無比なパワーで世界を破滅させようとする。ミスティークを中心とした若きミュータントたちが「アポカリプス」の暴走を止める!
8月11日公開予定。

アニメ好きなら見逃せない3作品

ファインディング・ドリー

『ファインディング・ニモ』の続編。ニモの親友であるドリー。ドリーには家族がいないが、家族と過ごした美しい思い出は脳裏に焼き付いたまま。心優しいニモは、ドリーの家族探しに奔走する。ニモとマーリンの父子をはじめとする仲間たちが集結し、大海原を舞台に繰り広げられる冒険ファンタジー。監督は前作と同様、アカデミー賞監督であるアンドリュー・スタントンが務める。
7月16日公開予定。

ペット

飼い主が家を空けているとき、ペットたちはどのように過ごしているのだろうか・・・。そんな素朴な疑問をユーモラスに描いたのが本作。テリアのミックス犬マックスは、犬好きな飼い主ケイティと暮らしていたが、ある日大型犬デュークを連れて帰ってきた。これまでとは違う生活になることを恐れたマックスは、デュークとトラブルを起こし、結果都会で迷子になってしまうことに。果たして、2匹の犬は無事に家に帰れるのだろうか。大ヒット作『ミニオンズ』のスタッフが製作。2匹の声をバナナマンの設楽統と日村勇紀が演じる。
8月11日公開予定。

傷物語Ⅱ熱血編

大ヒットライトノベル『物語シリーズ』の『傷物語』をアニメ化。本作は、3部作の第2部。高校二年生の阿良々木暦は、伝説の吸血鬼キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードと出会う。自らも吸血鬼となった暦。キスショットが人間に戻るためには、彼女の四肢を取り返す必要があるが、そこに吸血鬼退治のギロチンカッターが立ちはだかる。『物語シリーズ』でお馴染みの声優陣が出演。阿良々木暦を神谷浩史が、キスショットを坂本真綾が、ギロチンカッターを『亜人』の佐藤役で知られる大塚芳忠が務める。アニメーション制作は、新房昭之氏とシャフト。
8月19日公開予定。

30年の時を越えて復活!

ゴーストバスターズ

30年前、アメリカをはじめ全世界で大ヒットを記録した『ゴーストバスターズ』が復活!今回のゴーストバスターズは女性。コロンビア大学の素粒子物理学博士エリン・ギルバートは、心霊現象を科学的に証明するため実験を重ねていたが、大学から研究費の補助を打ち切られることに。一念発起し、ゴーストバスターズを起業したエリンは、さまざまなバックグラウンドを持つ女性たちを仲間として招き入れ、ゴースト退治に奮闘する。元祖『ゴーストバスターズ』を知らない人でも存分に楽しめる内容。
8月19日公開予定。

映画を見るならやっぱり感動巨編!

トランボ ハリウッドに最も嫌われた男

第二次世界大戦をきっかけに、理不尽な弾圧はハリウッドにも及び、議会での証言を拒んだことを理由に、脚本家トランボは投獄されてしまう。こうしたなか、友人に託した『ローマの休日』や偽名で書いたほかの作品がアカデミー賞に輝くという快挙を成し遂げ、再起を誓うトランボ。映画への情熱と家族愛が描かれた感動作。
7月22日公開予定。

奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ

学校から見放された問題児ばかりのクラスに厳格な歴史教師アンヌ・ゲゲンが赴任。教育熱心なアンヌは、彼らに全国歴史コンクールに参加するよう促すが、「アウシュビッツ」というテーマ設定に反発する。こうしたなか、アンヌは、アウシュビッツの生存者を授業に招き、収容所の悲惨さについて語ってもらう。この一件後、彼らの態度は徐々に変わっていく・・・。実話に基づく感動作で、主演のアンヌを演じたのは、有名女優アリアンヌ・アスカリッド。各国のユダヤ映画祭などで受賞歴多数。
8月6日公開予定。

エンターテインメントから感動作まで盛りだくさん!

この記事で紹介した映画は、7~8月に公開されるもののほんの一部です。
ほかにも多数の映画が公開されるので、気になる方は調べてみるとよいでしょう。

感動モノの映画を見て涙する事は、普段仕事で感情を表に出せずに溜まったストレスを減少させることが出来ると、医学的にも言われています。

夏の暑い休日には映画館で涼みながら、感情を露わにストレスを発散してみてはいかがでしょうか。

オリジナル採用サイト制作サービス採用アクセル
アクシスコンサルティング

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP