【サイコム・ブレインズ】ビッグデータを活用した人材育成サービスを開始 他

【サイコム・ブレインズ】ビッグデータを活用した人材育成サービスを開始

 国内外で企業の人材育成を支援するサイコム・ブレインズ (東京・千代田、西田忠康社長) は、ビッグデータを活用して効果的な学習モデルを構築する「研修プラットフォーム サービス」の提供を開始した。

 新サービスではオンライン学習と座学での研修をICTで統合し、学習行動履歴を成績と結びつけることで、これまで経験値などに頼りがちだった社員教育の学習法をより効果的にすることが可能となった。

 大きな特徴のひとつは、研修効果や改善点が“見える化”していること。集合研修当日の受講者パフォーマンスだけでなく、研修前の映像教材視聴行動や理解度テストの結果、研修後の復習テストの結果に加え、自社で独自に設定するKPI(業績管理指標)などのデータを総合的に分析して、研修の効果を“見える化”できる。また、自社のハイパフォーマーがとる学習行動を分析して、社内で標準化するべき最適な学習モデルを抽出することも可能だ。

 研修運営が効率的な点も特徴のひとつだ。ウェブ上に専用のポータルサイトを設置し、映像教材や理解度テストが一元管理されるので、受講者はPC、スマートフォン、タブレットなど様々なデバイスでいつでもどこでも自己学習に取り組むことができる。

 また運営者側ではポータルサイトで受講者の学習状況に関する各種データを一括管理できるため、「受講者人数が多く、同じ研修を複数のクラスで運営している」「階層別に多様な研修メニューを実施している」場合など、事務局のマンパワー不足を補うことができる。

【「研修プラットフォーム サービス」概要】
価格例:約80万円~
(参加人数20人で想定した場合、映像教材1種類、座学研修費用込み)
※参加人数や映像教材の種類によって異なる

【インテリジェンス】社員紹介採用サービス「マイリファー」が採用支援システムと連携を開始

 インテリジェンス(東京・千代田、峯尾太郎社長)が提供するリファーラルリクルーティング(社員紹介採用)サービス「MyRefer(マイリファー)」は、 求人作成から応募管理などの業務を一元管理できるシステム“ATS(Applicant Tracking System)”との連携を開始した。

 ATS(Applicant Tracking System)とは、採用での求人票の作成、応募対応、選考進捗管理、選考後フォロー等の業務を一元管理できるシステム。国内で、大手企業を中心に導入され、採用担当者に活用されている。
 「マイリファー」は、人事担当者や社員に負担をかけず、社員紹介による採用を導入・促進することのできるリファーラルリクルーティングプラットフォーム。導入した企業の人事は、リクルーターになって欲しい社員にウェブ上のマイページを配布する。社員はフェイスブックやラインなどのSNSを通じ、自分の知人に自社の求人を紹介する。

 求人に興味を持った知人は「マイリファー」を通じて応募し、企業の面接を受けて入社に至るシステムになっている。社員は利用頻度が高いSNSを介してリクルーター活動を行えるため、社員の工数を削減できるのが特徴だ。海外のリファーラルリクルーティングツールはATSと連携できるケースがほとんどだが、これまで日本ではリファーラルリクルーティングツールとATSの連携ができず、二重管理が発生してしまう問題があった。

 そこで「マイリファー」は、採用活動の効率化と自社採用力の最大化を目指し、HRソリューションズ(東京・中央、武井繁社長)の「リクログ(Reclog)」との提携を皮切りに、国内主要ATSとの連携強化を図っていく計画だ。

【シャープ】IoTベンチャー企業向けの「モノづくり研修」の参加企業を募集

 シャープは、IoTベンチャー企業を対象とする合宿形式のモノづくり研修「SHARP IoT.make Bootcamp supported by さくらインターネット」の参加企業の募集を開始した。

 研修では、シャープが100年以上に渡って培ってきたモノづくりの技術やノウハウを、社内の現役技術者らが講師となって伝授する。プログラムは、モノづくりの基本プロセスにはじまり、アナログ電子回路、デジタル電子回路、熱設計などの具体的な技術設計の研修やアフターサービス、原価管理などの研修を経て、製品要求仕様書を講師がサポートしながら個別に作成する演習などがある。

 また、国内データセンター大手のさくらインターネット(大阪・大阪市中央、田中邦裕社長)がIoT時代に必須となるソフト/サーバー技術やプラットフォームなどを解説するほか、投資ファンドのABBALab(東京・千代田、小笠原治社長)がベンチャー企業における新規事業の立ち上げに必要な資金調達のコツについて、投資ファンドの立場から説明する。

 参加企業の中から、希望する企業に対しては3カ月から6カ月程度の期間、量産仕様決定、工場選定から見積り精査、量産立ち上げ、最終製品の品質確認までをハンズオンで支援するプログラム「量産支援キャンプ」も用意されている。

【SHARP IoT.make Bootcamp開催概要】
日程:2016年11月21日~12月1日
場所:シャープ天理総合開発センター(奈良県天理市)
参加費:1社2人の参加で85万円
(参加者が3人以上の場合の追加費用は35万円、1社1人の場合は50万円。いずれも消費税別)
申し込み期間:問い合わせは10月24日まで、参加申し込み期限は11月1日

【MS-Japan】管理部門・士業に特化した人材紹介会社がマザーズ上場

 管理部門、会計士・税理士・弁護士などの士業に特化した人材紹介会社では最大手のMS-Japan(有本隆浩社長、東京・千代田)の東京証券取引所マザーズ市場への新規上場が承認された。上場は12月15日を予定している。

 MS-Japanは、1990年に大阪で創業し、以来、事業会社の経理財務、法務などの管理部門職種と公認会計士、税理士、弁護士等の有資格者を対象とした人材紹介を主な事業としている。士業の人材紹介にいち早く着目して、新たなマーケットを拡大。2016年3月には、全国会計事務所・法律事務所の検索サイト「J-ing」を開設するなど、仕業の紹介を強化している。

 売上高は、2012年3月期9億36百万円、2013年3月期10億61百万円、2014年3月期12億59百万円、2015年3月期16億7百万円、2016年3月期20億13百万円と景気の回復とともに4年で2倍以上の規模に拡大した。16年3月期は前期比で25%増となっている。経常利益は、12年3月期1億23百万円、13年3月期3億22百万円、14年3月期4億79百万円、15年3月期6億53百万円、16年3月期8億13百万円。経常利益率は40%(16年3月期)と、同業他社に比べて高い数値となっている。

 16年3月期の主な紹介実績の内訳は一般企業向け14億17百万円(前年同期比124.2%)、監査法人など専門組織向け5億82百万円(同131.5%)で、このうち有資格者の紹介実績は605百万円(同131.5%)だった。従業員数は10月末現在で112人(平均年齢28.8歳)となり、2012年3月期の66人から約2倍に増加した。

 直近の16年4月1日から9月30日の第2四半期の実績は、弁護士、公認会計士、税理士等の専門性の高い人材の紹介実績が堅調に推移したほか、その他の有資格者や管理部門職種経験者の紹介実績が大きく増加したことにより、同期累計の売上高11億87百万円、経常利益4億60百万円となっており、今期の実績についても前期を上回ることが予想される。

企業人事向け広告掲載のご相談はこちら(誌面広告、パンフ同封、メルマガ広告)

関連記事

ピックアップ

  1. 【デジタルマーケティング・DX専門人材紹介 デジマージョブ】DX人材の採用激化で高まる 業界専門コンサルタントの意義

  2. 【内定者・新入社員向け「グロービス学び放題フレッシャーズ」】導入企業1000社を突破 自律型人材の早期育成が加速

  3. 【デジタル専門業務委託サービスDigital Flex(デジフレ)】DX推進人材は業務委託で獲得、人材不足とミスマッチに終止符

ランキング

  1. 【兆】DX推進人材の採用を実現し、事業成長に挑む企業を支援する

  2. 多様な働き方と労災補償 “労働者性”の判断基準

  3. 【ポストコロナの人事改革】経済再起動で人材投資が始まった

  4. 【製造分野の中途採用】早期退職募集が予測される企業に勤めている求職者は積極的に動いている

  5. 【デジタル専門業務委託サービスDigital Flex(デジフレ)】DX推進人材は業務委託で獲得、人材不足とミスマッチに終止符

  6. 【デジタルマーケティング・DX専門人材紹介 デジマージョブ】DX人材の採用激化で高まる 業界専門コンサルタントの意義

  7. 【アスリート1万2000人への研修実績を持つホープス】スポーツ事例を使った研修手法で企業の若手リーダー育成を支援

  8. 人事部長向け専門誌「日本人材ニュース」vol.320

  9. 【内定者・新入社員向け「グロービス学び放題フレッシャーズ」】導入企業1000社を突破 自律型人材の早期育成が加速

  10. 【インソース】ビジネス法務オンライン研修を開始 他

TOP