調査・統計

2022年上半期の倒産件数は3141件、2020年度以来2年ぶりの3000件越え

東京商工リサーチの調査によると、2022年度上半期(4~9月)の負債額1000万円以上の企業倒産件数は3141件で、前年同期と比べ6.9%増加した。

2022年度上半期(4~9月)の企業倒産件数は、4月から9月まで6カ月連続で前年同月を上回り、年度上半期としては3年ぶりに前年同期を上回り、2020年度以来、2年ぶりに3000件台に乗せた。

負債総額は1兆7420億8500万円となり、前年同期と比べ203.1%増加した。年度上半期では2年ぶりに前年同期を上回った。負債が1兆円を超えたのは、2017年度の2兆1173億7800万円以来、5年ぶり。

2022年上半期の「新型コロナウイルス」関連倒産は1121件(前年同期比36.3%増)で、9月は過去最多の210件発生し、東京商工リサーチでは「次第に増勢のピッチが上がっている」と指摘する。

産業別に見ると、倒産件数は10産業のうち卸売業、小売業、不動産業を除く7産業で前年同期を上回った。

件数の最多はサービス業他の1033件(前年同期比4.7%増)で、2年ぶりに前年同期を上回った。

このほか、建設業が604件(同14.6%増)で14年ぶり、情報通信業が114件(同6.5%増)で4年ぶり、農・林・漁・鉱業が40件(同42.8%増)、金融・保険業が13件(同8.3%増)で2年ぶりに、それぞれ前年同期を上回った。

また、燃料価格の高止まりなどの影響が注目される運輸業は162件(同42.1%増)で、3年ぶりに前年同期を上回った。

一方、卸売業が387件(同0.2%減)で10年連続、小売業が343件(同1.7%減)で3年連続、不動産業が104件(同5.4%減)で2年連続で、それぞれ前年同月を下回り、年度上半期では1993年度以降の30年間で最少となった。

上半期の負債額上位の倒産は次の通り(金額は負債額)

1.マレリホールディングス(埼玉、純粋持株会社)1兆1330億円
2.神明畜産(東京、畜産業)294億5600万円
3.肉の神明(東京、食肉卸、小売)208億400万円
4.SH東雲堂(広島、書籍販売ほか)193億100万円
5.日本ロジステック(東京、倉庫、運輸業)151億300万円

エナジード
経営者JP

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP