ビジネス

全管理職が“イクボス”宣言 ジョンソンコントロールズ

ビルの自動制御や自動車用バッテリーを手掛けるジョンソンコントロールズ(東京・渋谷、吉田浩社長)では、全国10拠点で開催したキックオフミーティングで約200人の全管理職が「イクボス宣言」した。

ジョンソンコントロールズが目指す“イクボス”とは、部下・同僚のワークライフバランスを考え、その人のキャリアと人生を応援しながら、組織の業績も出しつつ、自らも仕事と私生活を楽しむことができる上司と位置付けている。

 ジョンソンコントロールズでは、今年2月に「イクボスプロジェクト」を展開するNPO法人ファザーリング・ジャパン主催の企業ネットワーク「イクボス企業同盟」に加盟し、同時に社内組織「イクボスアカデミー」を立ち上げた。

 この「イクボスアカデミー」が、イクボスとしての心得として独自の「イクボス6カ条」を策定し、それらを記載したイクボスカードを全国の管理職に配布。

 イクボスカードに署名し、社員証ホルダーなどに入れて携帯することで、いつでもイクボスとして自覚を持って行動することを促している。

オリジナル採用サイト制作サービス採用アクセル
経営者JP

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP