転職

転職の時ってどうなる?面接や気になる質問事項とその答え!

面接って緊張しますよね。転職ともなると、どんな事を聞かれるのか・・・不安になられる方も多いと思います。そこで今回のテーマは「転職の時ってどうなる?面接や気になる質問事項とその答え」です。よく聞かれる質問やそれに対する上手な解答や考え方にスポットをあててみました。

転職質問事項①「転職を考えた理由と経緯」

「今回転職を考えた理由やその経緯を教えてください。」

まずよくあるのは転職理由ですね。やはりこの質問事項は聞かれる可能性はかなり高いです。

その人がどんな理由で前職をやめたのか、今現在職場ではどのような状況にあるかを知る事で、自分たちの会社でも同じような事にならないか、採用側も見極める必要があります。そのため職場の愚痴や不平不満を述べていてはマイナスイメージです。

「こんな事にチャレンジしたい」「スキルアップしたい」「自分はこんな事が出来る」というポジティブな考えを相手に伝えられる様に心がけましょう。

転職質問事項②「長所と短所」

「あなたの長所と短所を教えてください。」

なぜ面接官は短所も聞くのでしょうか。短所がない人はいません。面接官は短所の内容が知りたいのではなく、その質問をされた時のあなたの対応や答え方を見ています。

そのため、この場合は短所をポジティブなエピソードを交えて話す必要があります。

例えば「飽きっぽい」事が短所なら「継続力がないのは自覚しているがその分すぐに新しいことに興味がわくので、アイディアが豊富に浮かびます」などマイナス面だけでなくポジティブな回答をしてみましょう。

転職質問事項③「会社を選んだ理由と志望動機」

「当社を選んだ理由を教えてください。」
「志望動機を教えてください。」

志望動機は面接では必ずと言っていいほど聞かれます。この質問には、その人が自分たちの会社に入ってから「何をしたいか」「どんな仕事をしたいか」と「自社の求める人材」と「応募者の考え」がマッチしているかを知るための大切な質問です。

単なる憧れや想像ではなく、現実的に「御社でなければ出来ない仕事がある」「御社だからこそ働きたいのだ」という意志表示を見せなければいけません。

あなたがその会社で働きたいと思ったきっかけや理由を企業側の力になれるような言葉でしっかり明確に伝えて下さい。

転職質問事項④「自己紹介」

「自己紹介をお願いします。」

やはり初対面ですので相手を知る為にも自己紹介は重要になってきます。

この場合の自己紹介は、第一印象はもちろん、採用側としては、職務経歴などからその経験を自社で生かせるかどうかも見極めなくてはなりません。コミュニケーション能力なども見られていますので、落ちつてあなたの職務経験を盛り込んで自己PRする事が大事です。

仕事以外の趣味の話などをだらだらスピーチしないように気をつけてくださいね。転職だからこそ出来る何かがあるとい事もアピールしたいところ。

だいたい30秒から1分程度に簡潔にまとめてみるのがいいでしょう。笑顔も忘れずに。

転職質問事項⑤「キャリアアップについて」

「キャリアアップについてどう考えていますか。」

こんな質問事項もよくあります。転職者にとってはキャリアアップしたいという気持ちはとても大切ですし、実際そう考えている方も多いと思います。

キャリアアップは向上したり高いスキルを身につけるだけではありません。組織をまとめたり、部下を育てる事、マネジメントする能力も必要とされます。5年後10年後自分はどんな人間になりたいか、どのように経歴を高めていきたいかをアピールしてキャリアプランを話す様にしてみましょう。

また、今までの経験でもキャリアアップのために努力してきたエピソードを交えて話してみるのもいいですね。

転職の面接だって有利に出来る!

いかがでしたでしょうか?
たとえ転職での面接でも、ポイントを押さえた回答が出来れば、他の人より有利な立場になることも可能です。面接の前は質問と回答例をみてイメージトレーニングしておくのがおすすめです。企業の求める人材やスキルを事前に下調べしておき、仕事内容にお互いミスマッチがないか確認しておきましょう。

オリジナル採用サイト制作サービス採用アクセル
アクシスコンサルティング

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP