新型コロナウイルス禍でも「人手不足」を感じる企業が5割に迫る

 マイナビ(東京・千代田、中川信行社長)が実施した「中途採用実態調査」によると、現在の正社員の過不足感は、「余剰感を感じる」が25.3%、「不足している」が48.5%となり、人手不足感は続いている。ただし、緊急事態宣言の前後で不足感を比較すると、「公的機関」を除く、ほぼすべての業種で人手不足感が沈静化した。

 緊急事態宣言の前後で「不足している」が10ポイント以上下落している業種は、「メーカー」(11.2ポイント)、「IT・通信・インターネット」(10.7ポイント)だった。「運輸・交通・物流・倉庫」も9.3ポイントと下落幅が大きい。一方、「医療・福祉・介護」は1.8ポイントと下落幅が小さく、不足感は高めの水準を維持している。

 緊急事態宣言前後の人手不足感を地域別にみると、東北(1.9ポイント)、四国(0.0ポイント)では「不足している」の減少はわずかだが、中国(15.5ポイント)、「九州」(11.2ポイント)では特に下落幅が大きい。

 新型コロナウイルスの影響により、中途採用の実施計画は「増やす」が7.4%、「減らす」が14.8%となった。ただし、今後の中途採用意向は、「積極的になる」が23.3%、「以前と変わらない」が39.1%となり、6割超が採用意欲は高まる、もしくは継続、としている。

 業種別にみると、中途採用実施計画を「増やす」が「減らす」を上回っているのは、「医療・福祉・介護」、「マスコミ・広告・デザイン」、「公的機関」だった。メーカーは「減らす」が16.5ポイント上回っている。

 地域別にみると、北海道で「増やす」が超過。首都圏も比較的、「増やす」-「減らす」の差が小さかった。

 調査は、2020年8月7日~11日、2020年1~7月に中途採用業務を担当し、募集活動をしており、採用費用の管理・運用に携わっている人事担当者を対象にインターネットで実施し、1910件の有効回答を得た。

企業人事向け広告掲載のご相談はこちら(誌面広告、パンフ同封、メルマガ広告)

関連記事

ピックアップ

  1. 【フォルトナ】社員幸福度No.1を掲げ、“社員幸福ドリブン経営”で急成長 コンサル領域・スタートアップ領域2つの頂で業界トップを猛追

  2. 【アスリート1万2000人への研修実績を持つホープス】スポーツ事例を使った研修手法で企業の若手リーダー育成を支援

  3. 【デジタルマーケティング・DX専門人材紹介 デジマージョブ】DX人材の採用激化で高まる 業界専門コンサルタントの意義

  1. プロフェッショナルネットワーク「クライアントの経営課題の本質を追究し、解決策の提案から実践まで支援します」

  2. SIGNATE Quest「超実践的なオンラインAI教育プログラムでAI/データ分析人材の育成課題を解決します」

  3. HPOクリエーション「ニューノーマル時代に勝ち続ける、ハイパフォーマンス組織、リーダー、営業力の開発を支援します」

  4. セールスキャリアエージェント「営業職に特化した専門コンサルティングで精度の高い人材紹介を実現しています」

  5. アイムファクトリー「ITエンジニアの紹介に特化し、慢性的な人材不足の解消を支援します」

  6. アドバイザリーグループ「従来の採用基準では才能を看過されてきた人材の価値を示して、日本の雇用問題を解決します」

  7. SUCCESS21「消費財、ファッション業種のスペシャリストを独自の人事顧問ネットワークから探し出します」

  8. インターウォーズ「未来の成長実現のパートナーとして、企業と候補者の相性を大切に幹部人材を紹介します」

  9. リス「自動マッチングシステムの精度を高めて、“求める人と求める企業”をつなぎ合わせます」

  10. BRS(バイリンガル・リクルートメント・ソリューションズ)「人材の多様化、グローバル化に課題を抱えるクライアントのニーズに合った候補者を紹介します」

TOP