ライフ

スポーツ仲間を集めよう!東京の社会人サークル

「一緒にスポーツができる仲間と出会いたい!」そんな方におすすめなのが社会人サークルです。東京の社会人サークルの中には、スポーツ好きな仲間との出会いが果たせるところも多数!そこで今回は、スポーツ活動で人気を集める東京の社会人サークル5つをご紹介します。

Joint

東京の社会人サークルとしてまず最初にご紹介するのが、「Joint」です。Jointは、その名の通り、人と人との繋がりを大切にする社会人サークル。テニスやバドミントン、サッカーやバレーボールといったスポーツ関連のイベントを通して、新たな仲間との交流を深めることができます。

体を動かすことが大好きな人にぴったりの社会人サークルで、スポーツやアウトドアの経験者はもちろん、これからアクティブなことに挑戦していきたいという未経験者にもおすすめです。なお、参加者は20代から30代が中心。若年層中心のアットホームな社会人サークルなので、就職で東京に出てきたばかりの方でも気軽に参加できるでしょう。

そんなJointは、会員制の社会人サークルではありますが、運営者に入会が不適切と判断されない限りは誰でも入会可能です。会員制度も1,980円の月会費と1回あたり300円のイベント参加料を口座引き落としで支払うだけでOKです。

FEAD

次にご紹介する東京の社会人サークルは、「FEAD」です。FEADは3,500人以上の登録メンバーを抱える大型社会人サークル。メンバーの数が多いので、いろいろな人との出会いを楽しむことができます。

イベントは、スノーボードやスキー、ラフティングやドルフィンスイム、ダイビングや乗馬といったアウトドアスポーツがメイン。季節によっては、バーベキューやイチゴ狩りなどのイベントを行うこともあるようです。

なお、FEADは東京だけでなく、埼玉や神奈川、千葉でもイベントを行うことが多いので、東京郊外に住んでいる方にもぴったり。20代や30代はもちろん、10代や40代にも人気の社会人サークルなので、いろいろな年代の人と出会いたい方にもおすすめですよ。

FLD

スポーツだけでなく、アウトドアや飲み会などのイベントでも人気の東京の社会人サークルが、「FLD」です。FLDは、800人以上の登録メンバーがいる大型社会人サークル。

テニス、ゴルフ、バドミントン、フットサル、スノーボード、スキーなどのスポーツはもちろん、季節によってはバーベキューやハイキング、飲み会やお花見などのイベントも開催されます。さまざまなイベント体験を通して新たな仲間との交流を深めていくことができますよ。

参加条件は、原則として20歳以上の日本国籍で定職についていればOK。年会費や入会費も無料です。登録メンバーの年齢層も20代が30%、30代が40%、40代が30%と幅広いので、年齢を気にせずに参加できるのもメリットといえます。

Mates

東京の数ある社会人サークルの中でも長い歴史を持っているのが、「Mates」です。

Matesは20年以上の歴史を持つ老舗社会人サークル。バスケットボールやフットサル、ゴルフなどのスポーツはもちろん、レジャーやパーティーなどの企画イベントも開催されているので、さまざまな場面で新たな仲間との出会いを楽しむことができます。

入会費や年会費は無料で、イベント料だけで参加できるのも魅力的。一人で参加するメンバーが多い上に、リクルートなどの大手企業とのつながりもある社会的信用度の高い社会人サークルでもあるので、初心者の方でも安心して参加できるでしょう。

2U

最後にご紹介する東京の社会人サークルは、「2U」です。2Uは、リピート参加率の高さで評判の社会人サークル。誕生から15周年を迎え、現在は東京・神奈川・千葉・埼玉などで1,200人以上のメンバーが登録しています。

テニスやフットサルといったスポーツイベントのほか、アウトドアや旅行、飲み会などのイベントも大人気。体を動かしたり、自然を満喫したりしながら、20代~40代の新たな仲間と交流を深めることができます。

なお、2Uでは随時いろいろな種類のイベントが開催されており、自分に合ったイベントを選んで参加することができます。このため、自分と趣味や好みが似た仲間との出会いを果たしやすいのも特徴といえます。

社会人サークルに参加して充実した日々を送ろう

今回ご紹介した5つの東京の社会人サークルなら、スポーツなどのイベントを通して素敵な仲間との出会いを果たすことができます。東京に出てきたばかりで孤独な日々を送っているという方も、社会人サークルに参加すれば充実した日々が送れるようになること間違いなし!

興味のある方は、ぜひとも社会人サークルに参加してみてくださいね。

オリジナル採用サイト制作サービス採用アクセル
経営者JP

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP