HRサービス

社員の定着や即戦力化を支援し、生産性向上を実現【Smart Boarding】 他

社員の定着や即戦力化を支援し、生産性向上を実現【Smart Boarding】

労働人口減少の背景から、従業員エンゲージメントを高め、社員の定着化を図る必要性が高まっているが、転職者や異動者への教育は疎かで、成果を出せずに退職してしまうケースも多々起こっている。

FCEトレーニング・カンパニーが提供する「Smart Boarding」は、社員の定着化や即戦力化を実現するためのクラウド型サービスだ。「自社オリジナル教育プラン設計・構築」「教育コンテンツ」「実施運用管理」などを主に提供している。

教育対象を決め、FCEのコンサルテーションを受けながら自社のオリジナルコースを構築することで、システムの初期導入から、実際の活用までをスムーズに行うことができる。さらにJTBベネフィット社との連携により、福利厚生サービスの活用も可能。今後は、「サービスにAI(人工知能)を搭載し、個別にあった教育プランを自動提供化していく予定」としている。

FCEトレーニング・カンパニー
サービスはすべて1クリックで完了する

適性検査で、生産性の高いテレワーク勤務を実現【WorkDive】

近年テレワーク制度を導入する企業は増えてきているが、導入したもののうまく運用できていない企業が見受けられる。また、テレワーク勤務を行うと、通常よりも生産性が下がるのではないかと危惧する声も聞かれる。WorkDiveは、企業のテレワーク制度導入の支援を行っており、その中でも「テレワーク適性検査サービス」は、申請のあった従業員がテレワーク勤務に適しているかどうかを診断することができる。

従業員は特別な理由がない限りテレワーク制度を申請することができないケースが多く、また上司も判断根拠があいまいで許可しづらく、テレワーク制度自体広がらない傾向があった。しかしこの診断を行うことで、テレワーク勤務を行っても生産性高く働ける人に適切に許可を出すことができ、テレワーク制度のさらなる定着が期待できる。

また診断だけでなく、テレワーク勤務を行う上での働き方の説明や意識改革研修、適性向上を促すプログラムなどの研修メニューも提供しており、生産性の高いテレワーク勤務を継続することができるサポートも行っている。同社は、「多様な働き方を企業だけでなく社会全体に浸透させ、働く意欲がある人が活躍できる場を増やしていきたい」としている。

ストレスチェックの結果を、確実に職場改善に活用【ウェルネット】

ストレスチェックは2015年より義務化されたが、手間と時間をかけて実施しても結果を有効に活用できていない企業が多い。ウェルネットではストレスチェック実施前の実施規程作成の段階から、ストレスチェックキットによる調査の実施、実施後の面接指導を行う医師の手配まで、コンサルタントがトータルで企業のサポートを行う。

またそれだけでなく、コンサルタントがストレスチェックの結果である集団レポートを分析し、企業ごとの状況を踏まえて1社1社改善点などを記載した報告書の作成を行うサービスもあり、ストレスチェックの結果を確実に自社の職場改善に活かすことができる。

ストレスチェック実施における全てのサービスを提供しているが、セミオーダー式で必要なサービスのみ選ぶことができるため、パッケージになっているサービスよりも導入コストが安く抑えられるメリットもある。

同社が提供しているストレスチェックキットは紙ベースでも調査可能で、現場部門で働く従業員に個人用パソコンの貸与が無い企業でも、場所を選ばず全社員均一に調査を行うことができる。また現場部門へのキットの郵送も請け負っており、事業場所ごとや従業員の自宅への配送など、要望に応じて送付可能。

オリジナル採用サイト制作サービス採用アクセル
アクシスコンサルティング

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP