HRサービス

「テンプ」から「パーソル」へ、グループブランドを変更【テンプグループ】

総合人材サービスのテンプホールディングス(東京・渋谷、水田正道社長)は、7月1日から、これまで40年以上に渡りグループブランドとしてきた「テンプ」から、新たに「PERSOL(パーソル)」へ変更すると発表した。今後は2018年4月をめどに、持ち株会社のテンプホールディングスやグループ主要会社の商号に新ブランドを活用することも視野に入れ、グルー プ総力をあげて新ブランドの認知度を高める方針だ。

テンプグループ
グループブランドの変更について説明する水田正道社長(中央)、高橋広敏副社長(右)、曽根誠人グループ経営戦略本部長(左)

現在、同グループは設計・研究開発の日本テクシード、転職支援サービスやアルバイト求人情報サービスを運営するインテリジェンスのM&Aなどにより、国内外で87社、500拠点で人材派遣、新卒・中途採用支援、アルバイト・パート採用支援、ITアウトソーシング、 設計開発等と幅広い領域で事業を展開している。

「テンプ」は派遣事業の一般名称として浸透しているため、「PERSOL(パーソル)」という新しいブランドを掲げることで単一派遣事業の企業イメージを超えて、現在の幅広い事業実態に合った総合人材サービスとしてブランドの浸透を図る。

新グループブランド名のPERSOL(パーソル)は、「PERSON=人の成長を通じて」と「SOLUTION=社会の課題を解決する」という言葉を組み合わせた造語で、「人は仕事を通じて成長し、社会の課題を解決していく。だからこそ、働く人の成長を支援し、輝く未来を目指したい」という想いを込めている。

グループの主要なサービスブランド名である人材派遣の「テンプスタッフ」、転職サービス「DODA」、アルバイト求人情報サービス「an」等については、「利用者にブランドが浸透しているため現状においては変更の予定はない」(高橋広敏副社長)としている。

水田社長は、「社会が多様性を求められる中で、新ブランドの認知度を高めて信頼を得ることで、政府が提唱する一億層活躍社会の実現のための課題の解決を目指していきたい」と話している。

グループブランドシンボルマーク(ロゴマーク)

パーソル
新しいブランドシンボルは、PERSOLの「P」をモチーフとしている。ファインダーにも見えるこのシンボルは、働く人一人ひとりに焦点を当て、将来を見据えていこうという姿勢を表している。メインカラーは「PERSOL GRAY」(パーソルグレー)で、グループの規模や事業の多様性で世の中を変えていくダイナミックさと、高い専門性で革新的なソリューションを生みだす知性を表している。あらゆる人や組織に寄り添い引き立てることのできるブランドでありたいとの想いを込め、無彩色のグレーとしている。

タグライン

パーソル
タグラインは、仕事をしていく中で様々な困難を乗り越えたとき、そして、その努力が実を結んだとき、人は、また一歩、成長する。そのときの心からの笑顔を、いくつも生み出したい。働くことそのものを輝かせ、人生を楽しむことにつなげてゆくために、すべての働く人を支援したいというメッセージ、エールが込められている。
オリジナル採用サイト制作サービス採用アクセル
アクシスコンサルティング

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP