転職

転職の面接、30代ビジネスマンへのおすすめスーツスタイル

30代、転職活動。スーツは何を着ていきますか?転職先によってもビジネスカジュアルがOKの企業や堅いスーツが必要な場合など様々です。第一印象をアップさせることも、ダウンさせることもある衣装ともいえるスーツのおすすめスタイルを紹介していきます。

面接にふさわしい服装って?

大学生のいわゆる”リクルートスーツ”を一式揃え、毎回ほぼおなじスタイルの戦闘服で挑んでいた面接。社会人としての履歴がなかったため、エントリーシートの内容もほぼ同じ、で通用した新卒採用とは違う、転職の就職活動。

まず、最初に何よりも大切なのは、服の個性よりも”身だしなみ&清潔感”これに尽きると思います。どんなにファッション性の高いものを着ていても、やはり清潔感のない社会人は好意を持たれにくいです。これを機会に身だしなみについておさらいしてみましょう。

身だしなみのポイント

当日や直前に慌てないよう、面接が決まったら、服装関連はすぐに確認したいもの。

(顔・体)
・髪→短くカットし前髪は目にかかっていませんか?
・髭→剃り残しは?
・目ヤニ、歯の汚れ
・爪が長すぎませんか
・前日飲み過ぎてお酒の香りなど無いように

(服装)
・スーツやワイシャツにシミやシワはありませんか?
・ゴミがついていませんか?
・ネクタイは曲がっていませんか?

(小物)

・カバンが汚れていませんか?
・ベルトはヨレていたり壊れていませんか?
・靴は磨いてありますか?摩耗していませんか?

おすすめのシャツとスーツの組み合わせ

一般的には白なら間違いありません。もし、色が付いたものを着たいと思ったら爽やかな淡い・薄い色が良いでしょう。襟が大きく、スーツから著しくはみ出てしまうおしゃれワイシャツもありますが、面接には不向きです。スタンダードなデザインのシャツを着用しましょう。

スーツは、黒・紺系またはグレーのシングルが一般的です。好みはありますが、濃いめの色を選んだ方が顔が引き締まって見えます。きちんとクリーニング・プレスしたものを着用しましょう。

ネクタイの選び方

ネクタイは、大柄やキャラクター入りのガチャガチャしたデザインは避け、ストライプやドット、チェックなどのシンプルな柄から選んでいきましょう。

色は、例えば赤系は情熱的、青系は知的、グレー系は落ち着いた印象になります。あまりにも発色の強いものや、蛍光色に近いもの、季節感を大幅に外した色は避けると良いでしょう。

ダーク系のスーツ、白シャツを着用するとネクタイは唯一色の入る部分ですが、目立ちすぎるのはNG。全体的に見て、「相手から見て、清潔感があるか?」という視点に立って、見られる側ということを意識してネクタイも選びましょう。

ビジネスカジュアルで?!

一般的には襟付きシャツにジャケット、チノパンといったスタイルで、社外のオフィスに訪問するにも適した格好というビジネスカジュアル。

もしビジネスカジュアルで活動している会社と知っていても、特に指定のない場合はスーツ着用で行くのが無難でしょう。

企業によっては、就業後もビジネスカジュアルスタイルの場合、面接もそのような指示がある場合もあります。ビジネスカジュアルの感度に迷ったら、こっそりその会社の近くに偵察に行ってみたり、百貨店のビジネスカジュアル担当のコーナーで店員さんに話を聞いてみては。いろいろと実績ある中からアドバイスがもらえるはずです。

第一印象「清潔感のある社会人」を!

転職の面接において着用するスーツについてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

「清潔感&身だしなみ」と綴ってきましたが、服や自分のメンテナンスに加えて、サイズ感が合っているかというのも大事な要素です。

面接する相手は大抵は初対面。清潔感のある人だと感じてもらえる様には、自分基準にならず、しっかり他人目線になって見直したいものですね。

オリジナル採用サイト制作サービス採用アクセル
アクシスコンサルティング

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP