ライフ

中国で話題!独身の日セールの正体とは?

みなさんは、「独身の日」をご存知ですか?中国で毎年話題になるお得な1日が「独身の日」です。11月11日にネット上でセールが行われるというもので、2009年からはじまりました。この独身の日セールとは、どんなイベントなのでしょうか?詳しくご紹介します。

独身の日セール

11月11日から約1週間、ネット上で大セールが行われる「独身の日」。中国のECサイトであるアリババが独身者に向けてはじめた、中国で話題のイベントです。

アメリカで行われている「ブラックフライデー」という大セールに似たもので、日本の百貨店やアパレルブランドも参加しています。

たった1日で日本円にして約2.1兆円も売り上げが出るほどの人気をほこる独身の日。年々売り上げが上昇しており、今後さらなる成長が期待されるイベントです。

そもそも独身の日って?

もともと独身の日とは、独身の人・パートナーがいない人が11月11日に集まって楽しむというイベントでした。「1=シングル=独身」ということから、1が並ぶ11月11日が独身の日とされるようになりました。

この日は中国で「光棍節」と呼ばれています。「光棍」は独身者という意味です。日本では「独身の日」の名で親しまれていますが、本場中国では11が2つ並ぶことから「双11」と呼ばれることもあります。

なぜ独身の日にセールが行われるのか

独身の日セールは、アリババが運営するECサイト「天猫」が「独身の皆さん、買い物を楽しみましょう」と自分自身へプレゼントを贈ることを呼びかけたのがきっかけで広まりました。

オンラインでの販売がメインとなっていますが、「独身の日」で手に入らなかった商品がほしいという人が実際に店舗に足を運ぶなど、経済効果も大きくあらわれています。日本企業も参加しており、とくにUNIQLOでは長蛇の列ができる人気ぶりです。

最大手「アリババグループ」の取引額は?

最大手アリババが行う大セールイベント「独身の日セール」。いったいどのくらいの取引額があるのでしょうか?

独身の日セールの開催当初である2010年は約9億元。日本円にすると約155億7,093万円相当になります。

そこから年々成長を遂げ、2016年には1,207億元(約2兆円)、2017年は1,600億元(約2兆7,000億円)もの金額をたたきだしました。中国で「独身の日」といえば大セール日として、国民から人気も知名度もあることがうかがえますね。

問題点も……

そんな独身の日セールにも問題点があると、ネットを中心に話題になっています。それは、商品の約8割は値引きされていなかったというもの。

独身の日セールで売り出されたネット通販16社の539商品のうち、388商品は値引きされておらず通常の値段で、33商品に関しては通常価格より値上げして販売されていたことが公表されました。

大セールといわれていますが、実際に商品を購入する際には注意が必要だということです。

今後が注目される「独身の日セール」

きっかけは独身の人に対して、自分自身へのプレゼントを贈ろうとはじめられた独身の日セールですが、現在では独身の人のみならず世界中から注目されつつあります。アメリカの「ブラックフライデー」ほどの知名度はまだないですが、今後「独身の日セール」も世界で有名になるかもしれませんね。

年々参加する日本企業も増えてきているようなので、日本に大きな影響を与えることも考えられます。興味のある方は、ぜひ参加してみてくださいね。

オリジナル採用サイト制作サービス採用アクセル
アクシスコンサルティング

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP