同一労働同一賃金への対応進める企業は約6割、対応していない企業は約1割

 同一労働同一賃金に対応している企業は約6割に上っている一方、対応していない、できない企業が1割程度存在することが帝国データバンクの「同一労働同一賃金に対する企業の対応状況調査」で明らかとなった。

 自社における同一労働同一賃金への対応状況について尋ねたところ、「対応あり」(「既に対応済み」と「現在対応中」、「これから対応する予定」の合計)とする企業は59.2%となった。「対応していない(できない)」とする企業は13.9%と、1割程度だった。「これから対応する予定」(31.7%)は最も高く、4社に1社は「分からない」と回答した。

【同一労働同一賃金への対応状況】
既に対応済 11.7%
現在対応中 15.8%
これから対応する予定 31.7%
対応していない(できない) 13.9%
分からない 26.9%

 6割近くの企業では同一労働同一賃金への対応を進めているが、「同一労働同一賃金の影響で企業の負担が増える。設備投資を控えるなどの対応が考えられる」(化粧品小売、東京都)や「同一労働同一賃金による労務費負担増などの影響により、倒産する中小企業が増加することも考えられる」(飲食料品・飼料製造、香川県)という声にあるように、企業側の負担を危惧する意見が多数みられた。

 同一労働同一賃金への「対応あり」とする企業を規模別にみると、「大企業」が63.3%、「中小企業」が58.1%、「小規模企業」が48.3%となった。特に、適用を直前に控える「大企業」は「小規模企業」を15.0ポイント上回った。

 「対応していない(できない)」とする企業をみると、「小規模企業」で17.6%と他の規模より高かった。

 同一労働同一賃金への「対応あり」とする企業を業界別にみると、「運輸・倉庫」が72.3%と最も高かった。次いで、「サービス」(67.5%)、「製造」(61.2%)が6割台で続く。

 一方、「農・林・水産」(45.1%)や「不動産」(49.8%)が4割台となり、同一労働同一賃金への対応に業界間での違いが顕著に表れた。

【業界別 同一労働同一賃金への“対応あり”とする割合】
運輸・倉庫 72.3%
サービス 67.5%
製造 61.2%
小売 58.1%
金融 55.6%
卸売 54.3%
建設 54.0%
不動産 49.8%
農・林・水産 45.1%

 調査は、2020年1月20日~31日、全国2万3665社を対象に実施し、1万405社の有効回答を得た。

企業人事向け広告掲載のご相談はこちら(誌面広告、パンフ同封、メルマガ広告)

関連記事

ピックアップ

  1. 【内定者・新入社員向け「グロービス学び放題フレッシャーズ」】導入企業1000社を突破 自律型人材の早期育成が加速

  2. 【アスリート1万2000人への研修実績を持つホープス】スポーツ事例を使った研修手法で企業の若手リーダー育成を支援

  3. 【フォルトナ】社員幸福度No.1を掲げ、“社員幸福ドリブン経営”で急成長 コンサル領域・スタートアップ領域2つの頂で業界トップを猛追

  1. 島本パートナーズ「企業価値の持続的増大を目指す際、“人財”補強面で貢献します」

  2. レックスアドバイザーズ「管理部門、公認会計士、税理士に特化し、採用ニーズに応じて人材を紹介します」

  3. ヒロコマナーグループ「ニューノーマル時代の変化に対応でき、考えて動ける真心マナー® で人財を育成します」

  4. デジマージョブ「デジタルマーケティング・DX経験者の業界専門コンサルタントがハイクラス人材を紹介します」

  5. ボディチューン・パートナーズ「BQ(身体知能)に着目した人財育成プログラムで、持続可能な企業経営に貢献します」

  6. アサイン「求人企業の成長要因を徹底的に分析し、価値観が合致する若手ハイクラス人材を紹介します」

  7. ヒューマンファースト「採れない・辞める・成果が出ないを一貫して解決し、経営ビジョンを実現できる組織づくりを支援します」

  8. エンワールド・ジャパン「“入社後活躍”をミッションに、グローバル人材の採用支援をしています」

  9. シグニアムインターナショナル「実績豊富な専門分野のコンサルタントが世界レベルの高度なサーチを実現しています」

  10. KMF PARTNERS「ミドルからエグゼクティブを中心に、業界に特化したコンサルタントが高精度なマッチングを提案します」

TOP