新型コロナ対応策で在宅勤務・テレワークを実施する企業は8割超

 組織・人事コンサルティング会社のマーサージャパンの調査によると、新型コロナウィルス感染症に対する取組みとして、約8割の企業で全社、または一部の部門での在宅勤務・テレワークを実施していることが明らかとなった。

 在宅勤務・テレワークについては、全体の82%の企業が何らかの形で全社、または一部の部門で実施をしており、働き方改革の中で近年徐々に整備してきた仕組み・インフラを活用し、今回の危機に対処している状況がみられる。

 一方、全体の約2割(18%)の企業では、実施のインフラが整っていない(78%)、関連規程・ルールが整備されていない(66%)、業務特性がテレワークに適していない(62%)ことがテレワーク導入にあたってのネックになっている。

 新型コロナウィルス感染症対策で全社共通の対応としては、緊急性の低い国内外の出張を中止・延期(91%)や時差出勤の許可・奨励(84%)、在宅勤務・テレワークの許可・奨励(69%)などの必要な施策を実行していた。

【新型コロナウィルス感染症対策で全社共通の対応】
緊急性の低い国内外の出張を中止・延期 91%
時差出勤の許可・奨励 84%
在宅勤務・テレワークの許可・奨励 69%
集合型社内研修の中止・延期 71%
職場での懇親会等の中止・延期 39%
新卒・中途入社式の中止 10%
オンライン会議への切り替え(社内ミーティング) 52%
オンライン会議への切り替え(社外ミーティング) 39%

 新型コロナウィルス感染症対策の対策方針の意思決定については、経営陣による意思決定が過半を占め(54%)、次いで人事(20%)、BCP統括部門(17%)となり、事業部門に委ねるケースは極めて少数(1%)だった。

 新型コロナウィルスがもたらす今後のビジネスへの影響については、全体の約3割の企業がネガティブな影響を与える可能性が高い(29%)と懸念する一方、多くの企業では現時点での具体的な影響は不明(61%)と回答した。

 すでに2020年度の予算や業務計画の見直しに着手している企業は1割(10%)、今後予算や計画見直しの可能性が高い企業(16%)と、現時点で計画見直しの可能性が高い企業は 4分の1社にとどまり、現状では影響を見通しきれない企業が多い様子がうかがえる。

 調査は、2月27日~3月4日、計579社の企業を対象に実施した。

企業人事向け広告掲載のご相談はこちら(誌面広告、パンフ同封、メルマガ広告)

関連記事

ピックアップ

  1. 【内定者・新入社員向け「グロービス学び放題フレッシャーズ」】導入企業1000社を突破 自律型人材の早期育成が加速

  2. 【フォルトナ】社員幸福度No.1を掲げ、“社員幸福ドリブン経営”で急成長 コンサル領域・スタートアップ領域2つの頂で業界トップを猛追

  3. 【アスリート1万2000人への研修実績を持つホープス】スポーツ事例を使った研修手法で企業の若手リーダー育成を支援

  1. イーストウエストコンサルティング「業界・職種別の専門チームによるサーチで質とスピードを重視した優秀な人材を紹介します」

  2. アンテロープキャリアコンサルティング「金融とコンサルティング業界に専門特化し、プロフェッショナル人材を紹介しています」

  3. 【アジャイルHR】マネジャーの課題解決に向けて東大と共同研究 他

  4. HRインスティテュート「“主体性を挽き出す”実践型プログラムで、新しい価値を創造できる組織・人材の育成を支援します」

  5. 賃金管理研究所「賃金制度の草分けとして6700社を支援。業績を向上させる賃金・人事制度を構築します」

  6. ロバート・ウォルターズ・ジャパン「20年の国内実績と世界最大級の日英バイリンガル人材データベースで採用活動をサポートします」

  7. 経営者JP「質×スピードにコミットするエグゼクティブ採用を通じて、経営課題・事業課題を解決します」

  8. SIGNATE Quest「超実践的なオンラインAI教育プログラムでAI/データ分析人材の育成課題を解決します」

  9. AIMSインターナショナルジャパン「グローバルネットワークとヒューマン・アソシエイツグループの連携でエグゼクティブ人材を紹介します」

  10. 東京エグゼクティブ・サーチ「転職市場に決して現れないエースと言われる人材を独自のノウハウで発掘します」

TOP