人材派遣の実稼働者数、前年同期比101.7% 北陸、四国は4期連続の減少

 人材派遣の実稼動者数(四半期平均)が前年同期比101.7%となっていることが、日本人材派遣協会の労働者派遣事業統計調査で分かった。

 2019年10~12月期の派遣社員の実稼動者数(月平均)は前年同期比101.7%の37万2406人で、26四半期連続で前年同期を上回った。

 派遣社員の実稼動者数の前年同期比を地域別に見ると、北海道(100.4%)、東北(105.8%)、南関東(101.9%)、北関東・甲信(102.1%)、北陸(90.0%)、東海(102.1%)、近畿(100.9%)、中国(100.2%)、四国(96.3%)、九州(104.5%)となった。

 北陸、四国は、2019年第1四半期から4四半期連続して対前年同期比100%を下回った。

 業務別に見ると、情報処理システム開発(104.6%)、機器操作(80.1%)、財務(97.6%)、貿易(114.5%)、一般事務(112.3%)、営業(79.8%)、販売(83.0%)、製造(97.6%)、軽作業(109.2%)だった。

 「財務」は2015年第4四半期から17四半期連続の減少となっている。
 
 紹介予定派遣の実稼働者数(月平均)は前年同期比87.7%の4526人だった。

 短期派遣(30日以内)の実労働者数(四半期平均)は前年同期比107.0%の10万7517人と増加した。

 調査は、労働者派遣事業を行う全国の511事業所を対象に実施した。

企業人事向け広告掲載のご相談はこちら(誌面広告、パンフ同封、メルマガ広告)

関連記事

ピックアップ

  1. 【内定者・新入社員向け「グロービス学び放題フレッシャーズ」】導入企業1000社を突破 自律型人材の早期育成が加速

  2. 【フォルトナ】社員幸福度No.1を掲げ、“社員幸福ドリブン経営”で急成長 コンサル領域・スタートアップ領域2つの頂で業界トップを猛追

  3. 【デジタル専門業務委託サービスDigital Flex(デジフレ)】DX推進人材は業務委託で獲得、人材不足とミスマッチに終止符

  1. ロバート・ウォルターズ・ジャパン「20年の国内実績と世界最大級の日英バイリンガル人材データベースで採用活動をサポートします」

  2. パーソルキャリア「専門性の高いコンサルティングを追求し、クライアントの事業成長を共に目指します」

  3. フジキャリアデザイン「メディアグループの高い情報収集力と専門性によるマッチング精度が強みです」

  4. キャリアビジョン「業種・職種専門のコンサルタントがミドル層を紹介し、独立系人材紹介会社でトップクラスの実績です」

  5. HPOクリエーション「ニューノーマル時代に勝ち続ける、ハイパフォーマンス組織、リーダー、営業力の開発を支援します」

  6. ボディチューン・パートナーズ「BQ(身体知能)に着目した人財育成プログラムで、持続可能な企業経営に貢献します」

  7. ブラックピジョン「エグゼクティブサーチの手法で、経営層からスタッフレベルまでダイレクトヘッドハントします」

  8. セレクションアンドバリエーション「本気の変革を実現し、企業の業績向上に貢献する人事コンサルタントの集団です」

  9. BRS(バイリンガル・リクルートメント・ソリューションズ)「人材の多様化、グローバル化に課題を抱えるクライアントのニーズに合った候補者を紹介します」

  10. メイテックネクスト「様々な技術分野のエンジニアをスピーディーに紹介しています」

TOP