7割の企業で人材採用のための新たな取り組みを実施、運輸業では8割超

 より良い人材を採用するために新たな取り組みをしている企業は7割を超えていることが、帝国データバンクが実施した調査で明らかとなった。業界別で最も多かった「運輸・倉庫業」では8割を超え、切実な人材不足が裏付けられる形となった。

 より良い人材を採用するために、2016年4月以降で新たに取り組み始めたことがある企業は72.2%に上り、「何もしていない」と回答した企業は 26.2%にとどまった。(未回答 1.6%)。

 業界別では、「取り組みを実施している」企業の割合が最も高かったのは運輸・倉庫業で81.0%となった。次いで、建設業(79.8%)、農・林・水産業(77.6%)、小売業(76.7%)、サービス業(75.3%)、製造業(73.6%)が続き、70%を超えた業界は6業界に上った。

 規模別では、大企業で取り組みのある企業が82.3%と8割を超えるのに対して、中小企業69.5%、なかでも小規模企業は59.7%と、規模が小さくなるほど「取り組みを実施している」企業の割合は下がった。

 新たに始めた取り組み内容で最も多かったのは「賃金体系の見直し」(46.6%)で、人材確保のために何らかの取り組みを行っている企業の約半数が実施していた。

 次いで、「就業制度の充実」(23.5%)、「採用情報の発信」(21.3%)、「福利厚生制度の充実」(20.9%)、「自社採用ホームページの公開、リニューアル」(20.8%)の4つがほぼ横並びで続いた。

 取り組み内容のなかで「賃金体系の見直し」の選択率がトップとなった業種は51業種のうち48業種におよび、ほとんどの業界において賃金体系を見直してでも人材を確保したいという意向が高いことが分かった。企業規模別に見ると、企業規模が大きいほど「賃金体系の見直し」の選択率は低かった。  また、企業にどのような人材を求めているかを聞くと「意欲的である」を選択した企業が最も多く49.0%となった。次いで、「コミュニケーション能力が高い」(38.6%)、「素直である」(32.2%)が続いた。

 人材像を「能動型人材」「協働型人材」「変革型人材」「地力型人材」の4群に分類して集計してみると、1位の「意欲的である」が類型される「能動型人材」よりも、2位の「コミュニケーション能力が高い」や3位の「素直である」が類型される「協働型人材」を選択した企業の方が多かった。

【類型別 企業が求める人材像の選択率】
 協働型 78.4%
 能動型 71.3%
 地力型 38.3%
 変革型 25.8%

 調査は、2017年2月15日~28日、全国の2万3804社を対象に実施し、1万82社の有効回答を得た。

企業人事向け広告掲載のご相談はこちら(誌面広告、パンフ同封、メルマガ広告)

関連記事

ピックアップ

  1. 【フォルトナ】社員幸福度No.1を掲げ、“社員幸福ドリブン経営”で急成長 コンサル領域・スタートアップ領域2つの頂で業界トップを猛追

  2. 【アスリート1万2000人への研修実績を持つホープス】スポーツ事例を使った研修手法で企業の若手リーダー育成を支援

  3. 【デジタルマーケティング・DX専門人材紹介 デジマージョブ】DX人材の採用激化で高まる 業界専門コンサルタントの意義

ランキング

  1. 【アスリート1万2000人への研修実績を持つホープス】スポーツ事例を使った研修手法で企業の若手リーダー育成を支援

  2. 【内定者・新入社員向け「グロービス学び放題フレッシャーズ」】導入企業1000社を突破 自律型人材の早期育成が加速

  3. 【製造分野の中途採用】早期退職募集が予測される企業に勤めている求職者は積極的に動いている

  4. 【フォルトナ】社員幸福度No.1を掲げ、“社員幸福ドリブン経営”で急成長 コンサル領域・スタートアップ領域2つの頂で業界トップを猛追

  5. 【ポストコロナの人事改革】経済再起動で人材投資が始まった

  6. 【デジタルマーケティング・DX専門人材紹介 デジマージョブ】DX人材の採用激化で高まる 業界専門コンサルタントの意義

  7. 【インソース】ビジネス法務オンライン研修を開始 他

  8. 人事部長向け専門誌「日本人材ニュース」vol.321

  9. 【デジタル専門業務委託サービスDigital Flex(デジフレ)】DX推進人材は業務委託で獲得、人材不足とミスマッチに終止符

  10. 【著者が語る】ブレンディッド・ラーニング

TOP