職業紹介事業の手数料収入3535億円、3年連続で過去最高を更新

 2015年度の職業紹介事業の手数料収入は約3535億円となり、3年連続で過去最高を更新したことが、厚生労働省が発表した「職業紹介事業報告書」集計結果で分かった。

 民営職業紹介事業所の2015年度の求人数(常用求人)は約557万件人で前年度比8.7%増。このうち、有料職業紹介事業は約467万件で前年度比6.6%増、無料職業紹介事業は約91万件で前年度比20.8%増だった。

 有料職業紹介事業の求人数は6年連続の増加。2013年度、2014年度はともに前年度比20%を超える増加だったが、2015年度は伸びが鈍化した。

 有料職業紹介事業の求人を職業区分別にみると、「医師、歯科医師、獣医師、薬剤師」約50万人(前年度比23.9%増)、「営業の職業」約42万人(前年度比8.3%増)、「看護師」約40万人(前年度比34.7%減)、「一般事務の職業」約37万人(前年度比12.4%増)、「情報処理・通信技術者」約35万人(前年度比4.1%減)が多かった。

 新規求職申込件数は約1344万件で前年度比15.1%減。このうち、有料職業紹介事業は約1324万件で前年度比15.3%減、無料職業紹介事業は約21万件で前年度比2.2%減だった。

 就職件数(常用就職)は約60万件で前年度比7.0%増。このうち、有料職業紹介事業は約56万件で7.6%増、無料職業紹介事業は約4万件で0.8%減だった。

 有料職業紹介事業の就職件数は2013年度に約62万人(前年度比37.4%増)と大きく伸びたが、2014年度は約52万人(前年度比16.1%減)と減少し、2015年度は増加に転じた。

 2015年度末の求人倍率は0.54倍で、有料職業紹介事業は0.50倍、無料職業紹介事業は3.54倍だった。

 民営職業紹介事業所数は1万9453事業所で前年度比3.4%増。このうち、有料職業紹介事業は1万8457事業所で前年度比3.2%増、無料職業紹介は996事業所で9.2%増だった。

 有料職業紹介事業所数は世界金融危機の影響を受けて2011年度に1万6613事業所まで減少したが、2012年以降は4年連続で増加し、初めて1万8000事業所を超えた。

 1万8457事業所のうち、東京5876事業所(前年度比251事業所増)、大阪1809事業所(前年度比33事業所増)、愛知1339事業所(前年度比32事業所増)でほぼ半数を占めている。

 手数料収入は約3535億円で前年度比1.4%増となり、3年連続で過去最高を更新した。

 手数料徴収状況を職業区分別にみると、「一般事務の職業」約357億円、「営業の職業」約349億円、「看護師」約330億円、「情報処理・通信技術者」約241億円が多かった。

企業人事向け広告掲載のご相談はこちら(誌面広告、パンフ同封、メルマガ広告)

関連記事

ピックアップ

  1. 【フォルトナ】社員幸福度No.1を掲げ、“社員幸福ドリブン経営”で急成長 コンサル領域・スタートアップ領域2つの頂で業界トップを猛追

  2. 【デジタルマーケティング・DX専門人材紹介 デジマージョブ】DX人材の採用激化で高まる 業界専門コンサルタントの意義

  3. 【デジタル専門業務委託サービスDigital Flex(デジフレ)】DX推進人材は業務委託で獲得、人材不足とミスマッチに終止符

ランキング

  1. 多様な働き方と労災補償 “労働者性”の判断基準

  2. 【著者が語る】ブレンディッド・ラーニング

  3. 【フォルトナ】社員幸福度No.1を掲げ、“社員幸福ドリブン経営”で急成長 コンサル領域・スタートアップ領域2つの頂で業界トップを猛追

  4. 【内定者・新入社員向け「グロービス学び放題フレッシャーズ」】導入企業1000社を突破 自律型人材の早期育成が加速

  5. 【デジタル専門業務委託サービスDigital Flex(デジフレ)】DX推進人材は業務委託で獲得、人材不足とミスマッチに終止符

  6. 【デジタルマーケティング・DX専門人材紹介 デジマージョブ】DX人材の採用激化で高まる 業界専門コンサルタントの意義

  7. 【アスリート1万2000人への研修実績を持つホープス】スポーツ事例を使った研修手法で企業の若手リーダー育成を支援

  8. 人事部長向け専門誌「日本人材ニュース」vol.321

  9. 【製造分野の中途採用】早期退職募集が予測される企業に勤めている求職者は積極的に動いている

  10. 【ポストコロナの人事改革】経済再起動で人材投資が始まった

TOP