非正規よりも正社員の採用で人材確保へ、未充足求人は5産業で6割超え

 人手不足に対して非正規よりも正社員の採用で人材を確保しようと考えている企業が多いことが、厚生労働省の8月の労働経済動向調査で分かった。

 企業に対して人手不足への対処方法を聞いたところ、過去1年間、今後1年間ともに「正社員等採用・正社員以外からの正社員への登用の増加」が最も多かった(過去1年間:63%、今後1年間:61%)。

 次いで、「臨時、パートタイムの増加」(過去1年間:46%、今後1年間:46%)、「派遣労働者の活用」(過去1年間:41%、今後1年間:37%)と続き、非正規よりも正社員の採用で人材を確保しようと考えている企業が多かった。

 8月1日現在、正社員等の労働者過不足判断D.I.(「不足」と回答した事業所の割合から「過剰」と回答した事業所の割合を差し引いた値)は43ポイントとなり、29期連続の不足となった。
 
 産業別にみても全ての産業で不足となり、「情報通信業」(56ポイント)、「運輸業、郵便業」(54ポイント)、「建設業」(51ポイント)、「学術研究、専門・技術サービス業」(49ポイント)など幅広い産業で正社員不足が続いている。

 一方、パートタイムの労働者過不足判断D.I.は32ポイントで、36期連続の不足となった。正社員と同様にすべての産業で不足の状況となっている。

 4~6月に中途採用を実施した事業所は全体の69%。前年同期を1ポイント下回ったものの高い水準が続いている。

 産業別に見ると、「医療、福祉」(85%)、「宿泊業、飲食サービス業」(75%)、「生活関連サービス業、娯楽業」(72%)で割合が特に高かった。最も低い金融業・保険業でも54%で半数以上の事業所が中途採用を行った。

 7~9月は61%の事業所が中途採用を予定している。

 8月1日現在の未充足求人がある事業所は全体の56%。産業別に見ると、「医療、福祉」(69%)、「サービス業(他に分類されないもの)」(68%)、「宿泊業、飲食サービス業」(67%)、「運輸業、郵便業」(61%)、「生活関連サービス業・娯楽業」(61%)が6割を超えている。

 調査は主要産業の30人規模

企業人事向け広告掲載のご相談はこちら(誌面広告、パンフ同封、メルマガ広告)

関連記事

ピックアップ

  1. 【内定者・新入社員向け「グロービス学び放題フレッシャーズ」】導入企業1000社を突破 自律型人材の早期育成が加速

  2. 【デジタルマーケティング・DX専門人材紹介 デジマージョブ】DX人材の採用激化で高まる 業界専門コンサルタントの意義

  3. 【フォルトナ】社員幸福度No.1を掲げ、“社員幸福ドリブン経営”で急成長 コンサル領域・スタートアップ領域2つの頂で業界トップを猛追

  1. アネックスリサーチ「経営課題の解決を目的として、評価された現職者を動機づけて獲得します」

  2. 島本パートナーズ「企業価値の持続的増大を目指す際、“人財”補強面で貢献します」

  3. フジキャリアデザイン「メディアグループの高い情報収集力と専門性によるマッチング精度が強みです」

  4. キャリアエピソード「グローバル基準の採用を実現する専門性の高いサーチを行います」

  5. プロフェッショナルネットワーク「クライアントの経営課題の本質を追究し、解決策の提案から実践まで支援します」

  6. イントランスHRMソリューションズ「階層、職種、業種に応じた最適な教育計画で、人材育成全体を継続的にサポートします」

  7. ケンブリッジ・リサーチ研究所「事業会社におけるCxOとDX 人材不足に対し、グループのシナジーを活かし課題を解決します」

  8. エンワールド・ジャパン「“入社後活躍”をミッションに、グローバル人材の採用支援をしています」

  9. キーンバウム ジャパン「企業の海外進出やグローバル事業の強化を人材サーチで支援します」

  10. リス「自動マッチングシステムの精度を高めて、“求める人と求める企業”をつなぎ合わせます」

TOP