調査・統計

企業の37.2%が正社員不足、非正社員不足は20.6%

全国の企業を対象に正社員の過不足状況を尋ねたところ、「不足」していると回答した企業は前年同月比6.2ポイント増となる37.2%となったことが、帝国データバンクの「人手不足に対する企業の動向調査」で明らかとなった。非正社員が「不足」していると回答した企業は20.6%だった。

 全国の企業を対象に、現在の正社員の過不足状況を尋ねたところ(「該当なし/無回答」を除く)「不足」していると回答した企業は37.2%となった。新型コロナウイルス(以下、「新型コロナ」)の感染拡大による1回目の緊急事態宣言の最中であった2020年4月からは6.2ポイント増加したものの、新型コロナの影響を受けていない2019年4月と比較すると13.1ポイント下回っている。

 「適正」と回答した企業は47.6%(前年同月比0.4ポイント増、2年前比6.3ポイント増)で、半数近い企業で適正と感じている。

 一方、「過剰」と回答した企業は15.3%(同6. 6ポイント減、同6.9ポイント増)となった。

【年別 正社員の“不足”感】
2021年4月 37.2%
2020年4月 31.0%
2019年4月 50.3%

 「不足」している企業を規模別にみると、「大企業」で42.0%(同3.3ポイント増、同18.0ポイント減)と4割超の企業で不足と感じているが、60.0%を記録した2年前と比較すると大きく低下している。

 「中小企業」は36.1%(同6.8ポイント増、同11.8ポイント減)、「小規模企業」は33.9%(同5.5ポイント増、同9.0ポイント減)となった。

 業種別にみると、「メンテナンス・警備・検査」(55.6%、同9.1ポイント増、同12.2ポイント減)と「教育サービス」(55.6%、同17.7ポイント増、同13.9ポイント増)が最も高かった。

【正社員が“不足”している業種 トップ10】
1位 メンテナンス・警備・検査 55.6%
1位 教育サービス 55.6%
3位 建設     54.5%
4位 情報サービス 54.1%
5位 農・林・水産 53.5%
6位 自動車・同部品小売 50.0%
7位 放送     46.7%
8位 医療・福祉・保健衛生 44.4%
9位 家具類小売  43.8%
9位 電気・ガス・水道・熱供給 43.8%

 非正社員が「不足」していると回答した企業(「該当なし/無回答」を除く)は20.6%(前年同月比4.0ポイント増、2年前比11.2ポイント減)だった。「適正」は66.9%(同5.2ポイント増、同5.5ポイント増)で6割超の企業で適正と感じ、「過剰」は12.5%(同9.1ポイント減、同5.7ポイント増)となった。

 調査は、2021年4月16日~30日、全国2万3707社を対象に実施し、1万1003社の有効回答を得た。

エナジード
経営者JP

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP