ライフ

コミュ障の治し方5選

自分がコミュ障だと思った人は、この記事にある改善方法をぜひ試してみてください。簡単にできるものばかりなので、実践の価値ありです。コミュ障は放置しておくと、友達ができない、彼氏・彼女ができないなど対人関係の大きな問題に発展するケースもあります。

会話の基礎を学ぶ

コミュ障の人の多くは、人とこれまで積極的にコミュニケーションを取ってこなかったことから、会話の基礎ができていないことが多いです。

そんな人は、最初に会話の基礎について学び、少しずつ実践していくとよいでしょう。

1.挨拶
「おはようございます」「こんにちは」「こんばんは」と周囲の人に臆せず挨拶してください。挨拶をされて嫌な顔をする人はいないはず。1週間もすれば、ほとんどの人が返してくれるようになります。

2.相槌
コミュ障の人は聞くことが苦手。相槌は「聞いていますよ」というサイン。このサインを積極的に出すことによって、コミュニケーションが取りやすくなります。

感情を思い切って出す!

会話中、相手が笑ったり泣いたりしてくれれば、「私の話を聞いてくれているんだ!」と嬉しくなるものです。「挨拶」と「相槌」をマスターしたら感情表現を豊かにしていきましょう。

感情表現を豊かにするには、芸術作品に触れることが一番。感動巨編と評される映画を鑑賞したり、美術展に積極的に足を運ぶなどが効果的です。

興味の幅を広げる

コミュ障の人の多くは他人に無関心。他人がどんなものに興味を持っているかわからないため、話すネタも見つからない状況です。

自分の興味を広げ、共通の話題を見つけることで、人と親密になっていくことができます。普段から、さまざまなものに興味を持つよう心掛けていくとよい結果が得られるでしょう。

相手の良いところを見つけようと努力する

コミュ障の人が陥りがちなのが「他人を卑下する」こと。「下らない話だ」「レベルの低い奴らだ」と他人を知らず知らずのうちに卑下していることもあります。

心当たりがある人は、相手の良いところを見つけようと努力してください。そうすることで、尊敬の念が生まれ、対等な立場で腹を割って話せるようになります。

人間は不完全だと知る

会話をすると、ときに傷つくことや傷つけてしまうことがあります。

そんなときでも、明るく振る舞うこと。人間は不完全なもの。悪意があった場合、話は別ですがちょっとした過ちは許してあげましょう。

コミュ障は改善できる!

コミュ障の原因と改善方法を知り、ぜひ実践してくださいね。続けることで良い結果が得られるはずです。

オリジナル採用サイト制作サービス採用アクセル
アクシスコンサルティング

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP