ビジネス

契約社員は必見!無期転換ルールで雇用を安定させる方法とは

2018年4月から導入される「無期転換ルール」。契約社員やアルバイト、パート、嘱託など有期雇用者にとっては、知っておかないと損する新ルールです。無期転換ルールとは一体どのような規定なのか、申し込む際はどんな点に注意しておけばよいのか解説します。

~この記事のまとめ~

  • 無期転換ルールとは、通算5年以上勤務した有期労働者が無期労働契約を結べるようになる制度のこと
    • 無期転換ルールができた理由は”非正規雇用の労働者を守るため”というのが大きい
  • 労働者側の注意点:申し込みの条件は通算5年以上だが、半年以上休んだ期間が間にあると申請できない可能性
  • 雇用側の注意点:無期転換ルールが適用されないように意図的に就労契約を変更するのは認められない可能性
  • 無期転換ルールを適用しても、正社員になれるわけではない!

無期転換ルールとは?

「無期転換ルール」とは、有期労働者が反復更新されていて労働契約が通算5年を超えた際に「無期労働契約」を結ぶことができる制度のことです。 2013年に改定された新ルールで、2018年4月から実際に適用されている労働契約です。

無期転換ルールを活用すれば、非正規雇用の労働者は、無期労働社員として会社に雇われることができるようになります。

無期転換ルールができた背景

無期転換ルールができた背景として、非正規雇用の契約社員や派遣社員が、働ける期間が定められていることで様々なデメリットを被ることになっていたのが挙げられます。

例えば、非正規雇用の労働者はまともな成長機会を与えられずに雑務ばかり押し付けられる傾向にあります。

企業側からすると、 教育しても外に出て行ってしまう短期間しか勤務しない労働者は、まともに育成するだけ損であるからです。ずっと会社にいてくれるだろう正社員を育てて長いこと勤務してもらう方がリターンが大きい、と判断されてしまうのです。

また、有期労働者や非正規雇用の労働者は賃金が低い傾向にあり、企業側は安く労働力を買い叩きがちです。

上述した理由から、企業側は非正規雇用社員を労働内容/金銭報酬の観点から”雑に”扱う傾向にあったため、多くの非正規雇用の労働者はスキルアップの機会に恵まれにくく、低賃金で疲弊していました。

もちろん非正規雇用で働くことにもメリットはあります。しかし、 就職氷河期時代の方などは正社員で就職できず、泣く泣く契約社員や派遣社員として生計を立てている方もいらっしゃるでしょう。

現代では正社員だけでなく、契約社員・派遣社員・アルバイト・パートなど、雇用形態が多様化しています。昔と比べると、正社員で働いている方の数は、そんなに多くないのではないでしょうか。

増加傾向にあった非正規雇用の方達が、望まない状態で非正規勤務することを避けるためにも、無期転換ルールが制定されたわけです。


どういった人が対象?

無期転換ルールが利用できるのは「有期労働者」です。契約社員やアルバイトなど、雇用形態は問わず、契約期間が設けられている方全員に権利が与えられています。

1回以上の契約更新が行われており、5年以上同じところで働いている方には、無期転換ルールを申し立てる権利があります。希望者は有期労働契約期間満了日までに申し込みをする必要があり、雇用側はこの申し立てを拒否することはできません。

労働契約法が改正されたのが2013年4月なので、通算年数は2013年4月1日から数えることになります。よって、2013年4月以降に契約更新を1回以上行い、同じ職場で働いている方は、2018年4月の時点で条件を満たすということです。


無期転換ルールの注意点は?

従業員側の注意点

勤務通算年数が5年以上というルールですが、その間に産休や育休が入っても問題ありません。
ただし、同じところで5年以上働いていても、契約期間中に契約を解除したことがある方は注意が必要です。

解除期間が6ヵ月以上の場合は勤続年数がリセットされます。

雇用側の注意点

雇用側も注意が必要です。
無期転換ルールの適用を避けるため、契約満了前に新たな期間を設けるなどして一方的に雇い止めを行うことは認められないケースがあります。

労働契約法に違反する恐れもありますので、対応は慎重に行いましょう。


無期転換ルールを適用したら無期労働契約社員は正社員になれるのか?

労働者は、無期労働契約を結ぶことによって雇用を切られる恐れはなくなりますが、正社員になれる訳ではありません。

あくまでも、これまでの雇用条件のまま無期労働契約になったというだけです。仕事内容や給与、昇給や休日などもこれまで通りで、正社員と条件が同じになることはありません。

正社員を望むのであれば、逆にこの制度は利用しないほうが良いかもしれません。今までの条件のまま、雇用を安定させる目的で無期労働契約を結びたい方にとっては最適な制度と言えるでしょう。


まとめ

自分に合う働き方を選ぶ

無期転換ルールが適用されれば、有期労働者でも職場を失う心配がなくなるため、多くの人にとってメリットがあります。

しかし、なかには同じ場所で長く働きたくないという方も少なからずいらっしゃるでしょう。

長く同じところで働くと安定は望めますが、新鮮さや刺激などはなくなります。

新しい人間関係を構築したり、視野を広げたりするなら、いろいろな職場で働くことも悪いことではありません。

もっと多くの経験をしたいという方は、自分に合う雇用形態を選ぶのもひとつの手。自分に合う働き方を選ぶことで、充実した生活を送りましょう。

オリジナル採用サイト制作サービス採用アクセル
アクシスコンサルティング

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP