ビジネス

【知っておきたい】エンジニアの種類と活躍の場

エンジニアとは工学系の専門技術者のこと。工学系技術者は、すべてエンジニアと言っても過言ではありません。IT業界を中心に活躍するシステムエンジニアはよく知られていますが、ほかにもさまざまな業界でさまざまなエンジニアが働いています。

ネットワークエンジニア・インフラエンジニア

ネットワークエンジニアは、企業内に張り巡らされた通信ネットワークについての設計や管理を行う職種です。

インフラエンジニアは、企業の情報システムを構成するコンピュータや通信ネットワークなどの設計、運用、管理などを行います。

どちらも同じような職種ですが、インフラエンジニアは情報システムまでを総括して設計・管理していると思っておけばいいでしょう。

最近はどの企業も社内ネットワークを使用していますが、社内にネットワークエンジニアを置く企業もあれば、管理まですべて専門業者に外注している企業も少なくありません。

システムエンジニア、ネットワークエンジニア、インフラエンジニアなど、IT系のエンジニアを総称して、ITエンジニアと呼ぶ場合もあります。

ネットワークエンジニアの平均年収は約450万円、インフラエンジニアの平均年収は約600万円といわれています。

セールスエンジニア

クライアントからの要望に合わせた情報システムなど、IT関連企業の商品は、専門的な知識がないとなかなかセールスができません。

そのため、大学や専門学校で専門教育を受けた、あるいはITエンジニアの経験がある人材を、営業職として雇用する場合があります。そういった人を一般的な営業マンとは区別して、セールスエンジニアと呼びます。

ITの知識が乏しい人に詳しく説明をするのは、高度な知識やプログラミング技術を持っている人でも容易ではありません。

専門用語を使わずに分かりやすく説明するという、高いコミュニケーション能力やトーク技術が必要になります。しかし、平均年収は300万円程度と、実際に現場で作業に携わっているITエンジニアよりも評価が低くなりがちです。

ウェブエンジニア・フロントエンドエンジニア

ウェブエンジニアはその名の通り、ウェブシステムの開発・設計をするエンジニアです。場合によっては、システムエンジニアが設計したものに沿って、開発を進めることもあります。

ウェブシステムのうち、ユーザーが直接操作するインターフェイス部分の設計を担当するエンジニアを区別して、フロントエンドエンジニアと呼ぶことがあります。ウェブシステムの中でもインターフェイス部分を開発するには、人間工学やデザインなどの知識も併せ持っていなければいけません。

そのためウェブエンジニアの平均年収が約450万円なのに対して、フロントエンドエンジニアは約550万円と、評価も高くなっています。

組込みエンジニア

近年では、家電製品やAV機器、携帯電話、自動車など、さまざまな生活機器に制御のためのソフトウェアが組み込まれています。そのソフトウェアを開発しているのが組み込みエンジニアです。

組み込みエンジニアは、ソフトウェアを設計・開発するだけでなく、そのソフトウェアを乗せるハードウェアから作らなければならないケースが数多くあります。そのため、ハードとソフトの両方の知識をもっていなければなりません。

どんな業種であっても製品開発を行っている企業なら、必ず組み込みエンジニアがいると思って間違いないでしょう。平均年収は550万円といわれています。

3Dエンジニア

さまざまな立体物を平面上で設計するのではなく、コンピュータを使って3次元で設計・開発するのが3Dエンジニアです。日本では3Dエンジニアと呼ぶことは少なく、3Dデザイナー、CAD技術者、3Dクリエイターなど、企業や担当している業務によってさまざまな名称になっています。

3Dエンジニアは立体的な設計・開発を行うだけでなく、実物から3Dデータや図面を起こすリバースエンジニアリングを担当することもあります。

自動車、工業機器などの開発現場では3Dで設計することが多く、さまざまな業界の企業で活躍しています。平均年収は約500万円です。

メディカルエンジニア

メディカルエンジニアは、病院などで使われている医療機器の運用や保守管理に携わる職種です。人工心肺装置、人工透析装置といった命に直接関わる医療機器から、診断に使われる心電図や内視鏡など、幅広い医療機器を扱っています。

特に資格などはありませんが、工学関係の知識に加えて、医学の知識も要求されます。おもに医療機器メーカーに勤務し、ときには医療機器の開発を手がけることもあります。平均年収は約500万円です。

シビルエンジニア

道路、鉄道、空港、港湾、堤防、橋梁、トンネル、ダムといった公共インフラを設計・開発する土木系技術者を、総称してシビルエンジニアと呼びます。

スーパーゼネコンといわれるような大手総合建設会社に勤めている人が多く、大がかりなプロジェクトを扱うため、ひとつの仕事に携わる期間が長くなります。ときには技術協力などで海外勤務となることも。平均年収は約700万円といわれています。

社会にはさまざまなエンジニアが

ご紹介した以外にも、人工知能を使ったシステム開発を手がけるナレッジエンジニア、映像システムの構築や保守を行うビデオエンジニアなど、さまざまなエンジニアがいます。

エンジニアといえば工学系技術者を指しますが、場合によっては工学系以外でもエンジニアという名称を使うことがあります。たとえば、データを基に金融プランの設計を行うフィナンシャルプランナーは、フィナンシャルエンジニアと呼ばれることも。

エンジニアとは「専門技術をもった人」と広義でとらえていたほうがいいかもしれません。

オリジナル採用サイト制作サービス採用アクセル
アクシスコンサルティング

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP