ビジネススキル・マナー

【今更聞けない】名刺交換のマナー

仕事をする上で大切なのが第一印象。その印象を左右するポイントのひとつが名刺交換です。でも、名刺交換はどうすればいいのか、正しいやりかたが分からないという人もいるのでは?改めて、名刺交換をするときのマナーについて確認してみませんか。

名刺交換の基本は目下から目上へ

名刺交換はまず、目下の人から目上の人に向かって差し出すのが基本です。

目上、目下は、社会的地位や年齢に関わらず、その取引でお金を出す側の会社の人が目上になります。取引に関係のない挨拶の場合は、訪問された側が目上です。

ただ、上司と一緒に取引先を訪問した場合は、目下側にあたる会社の地位の高い人から先に名刺交換をします。例えばあなたと上司が取引先を訪ね、先方の部長と担当者に挨拶をする場合、名刺交換の順序は、
(1)上司と取引先の部長
(2)上司と取引先の担当者
(3)あなたと取引先の部長
(4)あなたと取引先の担当者
となります。

名刺を渡すときの注意

まず事前準備として、名刺を忘れたり切らしたりしないように気をつけましょう。汚れている名刺、折れている名刺、印刷がかすれている名刺も失礼にあたります。

名刺交換をするときには、テーブル越しなどではなく、立って相手の目の前に行って行います。
名刺は相手が文字を読める方向に向け、相手の目を見て社名、部署名、フルネームをはっきりと告げながら、両手で差し出しましょう。

名刺を差し出す高さは、胸よりも少し下くらい。相手も同時に名刺を差し出してきたときには、自分が目下の場合は、相手の名刺よりも低い位置になるようにします。

名刺を受け取るときの注意

相手の名刺を受け取るときには、「頂戴します」と言いながら、両手で軽く押し頂くようにします。このとき、相手の社名や名前に指がかかるのは失礼にあたるので、注意してください。

相手も同時に名刺を差し出している場合は、目上の人が受け取ってから、目下の人が受け取ります。

受け取った名刺はどうしたらいいの?

名刺を受け取って、すぐに名刺入れにしまい込むのはマナー違反。せっかく渡した名刺をよく見ていないと思われてしまいます。

名刺を受け取ったら、名刺入れの上に乗せるようにして持ち、席に着いてからテーブルの上に置きます。名刺を置く位置は自分の左側。複数の人と名刺交換した場合は、相手の着席順に並べましょう。

話が長引きそうなときは、いつまでも名刺を出しっ放しにしておくと、やはり失礼にあたります。話の切れ目をみて、自然に名刺入れの中にしまいます。

そのときも軽く名刺を押し頂いてから、しまうようにしましょう。

名刺交換の基本はへりくだりと思いやり

正しい名刺交換のマナーといっても、名刺交換そのものがそれほど歴史ある文化ではありません。ですから時代にあわせて少しずつ変わってきています。

以前は、自分の名刺は片手で差し出し、相手の名刺は両手で受け取るとされていました。これは、自分の名刺よりも相手の名刺を丁重に扱うという意味で生まれたマナーです。

でも、片手で差し出すと粗雑に見えがちなので、現在は自分の名刺も両手で差し出すようになってきています。
ただ、相手が昔のマナーを尊重する人だった場合、名刺を両手で差し出されると不快に感じてしまうことも。
つまり、絶対に正しいマナーは存在しないのです。相手に合わせて、自分がへりくだる気持ちを表せば、それが自然なマナーになるのではないでしょうか。

インソース
エナジード

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP