ビジネス

【上手に使おう!】クラウドファンディング

ベンチャー企業クリエイターが資金を調達をする方法として、近年注目されているクラウドファンディング。でも、クラウドファンディングという言葉は知っていても、どういうものなのか今ひとつわからないという人もいるのでは? ここでは、クラウドファンディングの基本的なシステムをご紹介します。

クラウドファンディングとは?

クラウドファンディングは、「crowd(群衆)」「funding(資金調達)」を組み合わせた造語です。

ベンチャー企業やクリエイターなど、アイデアはあるのに資金がなくて実現できないという製品やサービスのために、インターネットを通して支援者を集めるシステムです。

クラウドファンディングのシステム

たとえば、ある企業が新製品を開発したとしましょう。しかし、製品として販売するためには、材料費、設備費などさまざまな費用がかかります。

そこで企業は、新製品の特徴や利点、製品化のためにかかる費用といったさまざまな情報を、クラウドファンディングサービスサイトで公開します。

すると、サイトを見て主旨に賛同した人が、少額ずつ出資して支援。目標金額が集まった時点で、プロジェクト成立となります。新製品を開発した企業は集まった支援金を受け取り、その中からサービスサイトに手数料を支払います。これがクラウドファンディングの基本的なシステムです。

クラウドファンディングのタイプ

一口にクラウドファンディングといっても、さまざまなタイプがあります。

支援金を出した出資者に対して、なんの見返りもない「寄付型」。

出資者には、支援金額に応じて製品やサービスといった何らかのリターンがある「購入型」。

支援金額に応じて、出資者に利益が分配される「金融型」。

日本では金融商品取引法の規制などの関係もあるため、金銭以外のサービスや製品でリターンを行う、購入型のクラウドファンディングが一般的です。

クラウドファンディングの変化

クラウドファンディングでのプロジェクトは、最初に設定した目標金額に届かなければ、一切の支援金が受け取れない「チャレンジ型」と呼ばれるスタイルが主流でした。

しかし最近では、目標金額が達成できたか否かにかかわらず、プロジェクト立案者が集まった支援金を受け取れる「ダイレクト型」が増えてきています。

オール・オア・ナッシングになってしまうチャレンジ方式にリスクを感じていた企業やクリエイターも、ダイレクト方式なら気軽にプロジェクトを立案できるようになります。必然的に、クラウドファンディングで流通する金額もどんどん増えてきています。

クラウドファンディング立案者のメリット

アイデアもスキルもあるのに、実行するための資金がないといった企業やクリエイターが、資金を集めることができるというのがクラウドファンディングの一番のメリットです。

支援者からの反応によって、製品化したときにどのくらいのニーズが見込めるかを、事前に調査できるというのもメリットのひとつ。支援者との交流もできるので、さまざまな要望やクレームをキャッチし、製品を改善することもできます。

最近では、知名度に欠ける企業やクリエイターが、支援者による口コミでの宣伝を期待してクラウドファンディングを行う事例も増えています。

クラウドファンディング支援者のメリット

支援者のメリットは、支援額に応じたリターンを受けられることです。

リターンの内容は、発売前の新製品であったり、特別なサービスであったりと、プロジェクトによってさまざま。支援することでしか手に入らないものをリターンとして設定しているプロジェクトも数多くあります。

また少額の支援で、これから成長していくであろう製品や企画に出資したという満足感が得られるのも、クラウドファンディング支援者のメリットのひとつです。

昔から存在したクラウドファンディング

クラウドファンディングという言葉自体は新しいものですが、たくさんの支援者から少額ずつ資金を集めるという手法は昔から存在しました。

古くは17世紀、書籍編集者のジョン・テイラーが印刷代を寄付によって集めた事例が、クラウドファンディングの原型とも言われています。ジョン・テイラーが、寄付者の名前を書籍に掲載するというリターンを行っていたことも、クラウドファンディングに通じるものがあります。

1884年には、ニューヨークにある自由の女神像の建設でも、一般から寄付が募られました。寄付を募ったのは「ニューヨーク・ワールド」紙の社主のジョセフ・ピューリッツァー。新聞紙面でのキャンペーンを行い、6ヶ月で10万ドルの寄付を集めました。

インターネットでのクラウドファンディングサービスは、アメリカで2001年にスタートした「ArtistShere」が最初だと言われています。

さまざまなクラウドファンディングサービス

日本で最初のクラウドファンディングサービスは、2011年4月にリリースされた「READYFOR?」です。その2ヶ月後には、「CAMPFIRE」がリリースされました。現在では、さまざまなクラウドファンディングサイトがが、それぞれに特色を出したサービスを行っています。

著名人発信のプロジェクトも多い「CAMPFIRE」。

英語でのプロジェクト応募も可能で、プロ指向の「COUNTDOWN」。

アーティストやクリエイター支援を目的とした「Motion Gallery」。

Yahooポイントや楽天ポイントで支援ができる「WESYM」。

「アメーバ」で知られるサイバーエージェントが運営する「Makuake」。

女性クリエイターを対象とした「Green Girl」。

地域貢献に特化した「FAAVO」。

アニメーション制作者のための「Anipipo」。

もし、いいアイデアがあるのに実行資金が足りないのなら、クラウドファンディングを行ってみてはいかがでしょうか。ぜひ、アイデアにぴったりマッチするクラウドファンディングサービスサイトを探してみてください。

オリジナル採用サイト制作サービス採用アクセル
アクシスコンサルティング

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP