ライフ

猫は一人暮らしでも飼いやすいペットだった!

餌やりや鳴き声などが気になり、一人暮らしだとペットを飼うのは難しいと思いがち。しかし、猫は複数のポイントを押さえれば一人暮らしでも十分に飼えるペットです。この記事では、一人暮らしで猫を飼うときの注意点などについて解説します!

一人暮らしでも猫が飼える理由とは?

猫は一人暮らしにピッタリのペット。主な理由は3つです。

1.2~3泊の外泊なら可能

猫は餌をたくさんあげても全部食べ切ることはありません。そのため、2~3日外泊する場合は、その日数分の餌を用意しましょう。水も十分に用意すること。水は餌場だけでなく、複数個所においておくとよいでしょう。

2.狭い部屋でも飼える

猫は狭い部屋に入れておくとストレスを感じると考えがちですが、そんなことはありません。一人暮らしの場合、ワンルームや1DKというケースが多いと思いますが、問題なく飼えます。

ただし、運動不足だけは気を付けるようにしてください。タンスやローボードなどで段差をつくってあげると、不在中に自由に動き回るため、運動不足を気にしなくてよいでしょう。

3.部屋の温度調節があまりいらない

猫は快適に過ごせる場所を自分で見つけ、日がな寝て暮らしています。直射日光があたる暑い部屋なら問題ですが、温度がそれほど変化しない場合は、温度調節は不要です。ただし、天気予報と相談しながら温度は決めましょう。

一人暮らしで猫を飼うときの注意点

注意点をいくつか解説します。

1.ペット可の物件を選ぶ
言うまでもないことですが、ペットを飼う者としての最低限のマナーですね。

2.鳴き声や臭いに注意
鳴き声や臭いは近所迷惑になるもの。鳴き声は、去勢および避妊手術を行うことで、防止できます。臭いは、トイレ砂に臭い消し効果のあるものを使うことで解消できます。

3.外に出さない
外に出すと、事故に遭ったり、病気にかかる可能性があります。外出する際は、戸締りをしっかりするなど対策を忘れずに。

猫を飼うときに最低限用意すべきもの

1.爪切り
マンションやアパート暮らしの場合、壁や柱を傷つけるわけにはいきません。頃合いを見て、爪を短くカットしてあげましょう。

2.キャリー
病院やペットホテルなどに連れていくときに使うグッズです。

ワクチン接種も忘れずに

感染症予防のためにワクチン接種は必須。外に出さないからと言って、ワクチン接種を怠ることのないようにしましょう。

猫と一緒に癒しある生活を楽しむ

猫は一人暮らしでも飼いやすいペットです。

猫と暮らす生活を楽しんでみませんか?

オリジナル採用サイト制作サービス採用アクセル
アクシスコンサルティング

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP