ビジネススキル・マナー

経理・財務職のスキルアップに役立つ資格

将来を見越して今からスキルアップを図りたいと思っている人も多いでしょう。そんな人は資格取得がおすすめ。資格を通して、基礎から応用まで知識を身に付けることができます。この記事では、経理・財務職のスキルアップに役立つおすすめ資格について解説します。

【経理・財務職おすすめ資格その1】簿記2級

経理・財務に携わる人にはもはや説明不要でしょう。勤務先の大小問わず、財務諸表の作成には簿記2級程度の知識は必須です。転職の際にも役立つ資格だけに、早めに取得しておきたいものです。

経理・財務のプロフェッショナルを目指すなら、簿記1級の取得も視野に入れたいところ。税理士試験の登竜門と言われる難易度の高い試験ですが、合格すると一目置かれるでしょう。

学習期間は、早い人で2週間から1か月程度。3か月程度見ておけば、試験範囲を網羅することは可能でしょう。

これから簿記を学習する場合は、まずは3級から始めるとよいでしょう。貸借の仕訳など簿記の原理原則を身に付けることができます。3級の合格率は回によって変動しますが、30~50%。一方、2級は20~30%となっています。

ちなみに、簿記は主催者によって試験名称が異なるため注意が必要です。最も受験者数が多いのは、日本商工会議所が主催する「日商簿記検定」。企業において簿記と言えば、一般的に日商簿記のことを指します。

【経理・財務職おすすめ資格その2】マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

経理・財務職でエクセルを使用しない人はいないでしょう。エクセルを使いこなすことができれば業務や作業効率がアップし、財務分析などもスムースにできるようになります。

パソコンスキルを客観的に証明する資格がマイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)。試験科目は、ワード、エクセル、パワーポイント、アクセス、アウトルックの5科目。経理・財務職ならエクセルはもちろん、余裕があればアクセスの合格も狙いたいところです。

【経理・財務職おすすめ資格その3】全国経理協会消費税法能力検定2級

中堅経理担当者が狙う資格のひとつ。消費税の基本知識と税務処理の方法を学びます。中小企業においては、消費税の知識は必須。取得後は、頼れる経理担当者として活躍できるでしょう。

受験資格に制限はなく、受験料は1級でも2,700円と低額(3級は1,800円)。受験しやすさは抜群です。

【経理・財務職おすすめ資格その4】全国経理協会法人税法能力検定2級

こちらも中堅経理担当者を目指すなら取得しておきたいもの。法人税の基本知識と税務処理の方法を学びます。

試験内容は、法人の会計処理、法令等、基本原則のほか、税額の計算、手続規定についての文章問題など多岐に渡ります。

経理・財務職は資格学習が業務に直結する

いずれの資格も取得しておいて損のないもの。

取得計画を立て、ひとつずつ制覇していきましょう!

オリジナル採用サイト制作サービス採用アクセル
アクシスコンサルティング

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP