ライフ

【コミュ障診断】コミュ障の代表的症状と対処方法

ひと口にコミュ障と言っても、その症状は実にさまざま。症状を事前に押さえておけば、コミュ障の人に合ったとき、効果的に対処することが可能になります。この記事では、コミュ障の人の症状と改善方法について解説します。

【症状その1】人の気持ちがわからない

表情や口調、しぐさから人の気持ちが読み取れない傾向にあります。

コミュ障の人に遠回しな表現をしても理解されず、気を悪くした経験がある人は思った以上に多いかもしれません。

このタイプのコミュ障には、会話ではなく、文章や図など視覚的な表現で伝えるとうまくいくケースが多いようです。

【症状その2】引きこもり、外出が億劫

引きこもりが続くと、人付き合いが極端に少なくなり、必然的にコミュニケーションの機会自体が減少します。

引きこもり期間が長期に渡ると、社会生活自体が困難になります。このタイプのコミュ障は、時間をかけて付き合うことが肝要です。

無理に外出させようとしても反発してしまうケースが大半です。気分のよいときだけ外出するなど対処方法を工夫しましょう。

【症状その3】生活リズムが崩れる

引きこもると、起床時間が次第にバラバラになり、生活リズムが崩れます。昼夜逆転生活は普通のことで、睡眠障害を来す例もあります。

このタイプのコミュ障の場合、すぐに精神科にかかることが大切です。一人暮らしでは、改善が困難なケースが多いことから、家族を含め、援助者が必要でしょう。

うつ病や不安障害などの精神疾患にり患していることも考えられます。

【症状その4】身だしなみを気にしなくなる

人と接する機会が極端に少ないことから、次第に身だしなみを気にしなくなります。無精ひげやボサボサの頭髪などはその兆候です。

このタイプのコミュ障の場合、程度が低ければ注意程度で済むでしょう。

もし、何週間もその状態が続くのであれば、支援者をつけて生活改善を図ることが近道です。

【症状その5】とにかく自信がない

コミュ障の人は、自分の悪い点ばかり気にする傾向があります。

「自分はどうせダメな奴だ」と口ぐせのようにつぶやいている場合は危険!
この傾向が長く続くと、劣等感の塊になり、自信のなさから次第に人とのコミュニケーションを避けるようになります。

このタイプのコミュ障は、自信を持たせることが肝要です。簡単なゲームやクイズなど本人が得意としていることを続けさせ、徐々に「自分はできる人間なんだ」という自信をつけさせましょう。

コミュ障の改善は周囲の人のフォローも大切

コミュ障になっている本人は案外その事実に気づいていないもの。

コミュ障が改善するか否かは周囲の人のフォローにかかっていると言ってもよいでしょう。とにかくコミュ障とは気長に付き合っていくことが大切です。

オリジナル採用サイト制作サービス採用アクセル
アクシスコンサルティング

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP