ライフ

【ANIME EXPO 2016】日本のアニメ文化

毎年7月、アメリカのロサンゼルスで開催されているアニメ・エキスポ。アメリカ全土から、日本のアニメやゲームを愛する多くのファンが集まるイベントとして知られています。いったいどんなイベントなのか、少しだけ覗いてみましょう。

アニメ・エキスポとは?

アニメ・エキスポを主催しているのは、非営利団体の日本アニメーション振興会。日本が世界に誇るアニメやゲームといったコンテンツの振興を目的として、1992年にスタートしました。

初回の入場者数は約2000人しかいませんでしたが、現在は入場者数約10万人。開催4日間の延べ人数ではなんと約26万人という、北米最大のアニメ・コンベンションに成長しています。

また、アニメやゲームにスポットを当てるという目的は当初から変わっていませんが、今では日本のファッションや音楽といったポップカルチャーも取り扱うようになってきています。

アニメ・エキスボ2016の開催概要

毎年7月第1週の週末に開催されているアニメ・エキスポ。24回目の開催となるアニメ・エキスポ2016は、7月1日(金)から7月4日(月)まで、4日間にわたって行われます。

会場はアメリカのロサンゼルス・コンベンション・センター。過去にはアナハイム、サンノゼ、ニューヨークなどで行われたこともありました。

入場チケットは公式サイトからの事前購入で1日45ドル、当日購入だと75ドルかかります。4日間通しチケットでも事前購入なら85ドルなので、熱心なファンのほとんどは4日間通しチケットを購入しています。

ライブやトークショーなど、アニメ・エキスポ内で行われるプログラムによっては、入場料のほかに参加費がかかるものもあります。

アニメ・エキスポのプログラム

アニメ・エキスポはコンベンション形式のイベントで、期間中はさまざまなプログラムが行われています。

企業やファンによる各ブースでは、パネル展示やワークショップを開催。会場内には終日アニメを上映しているビデオブースがいくつも設置されています。

ゲーム大会など参加型のイベントも多く、なかでも人気なのはマスカレード・コスプレ・コンテスト。世界のコスプレイヤー達が、自慢の衣装でアピールします。また、メイドカフェ、バトラーカフェといった、日本でも最近注目されている文化が、アニメ・エキスポにも登場します。

チャリティー・オークションが行われるのも、アメリカのイベントならでは。ここでしか手に入らない貴重なグッズが多数出品され、高額の寄付が集まっています。

日本からのゲストも多数

アニメ・エキスポでは、日本からのゲストも多数参加します。

なかでも注目は、「Anisong World Matsuri“祭”」と題したライブイベント。JAM ProjectやT.M.Revolutionといった、日本でも人気のあるアーティストがスーパーライブを繰り広げます。

驚くべきは、日本でも一部のアニメファンにしか知られていないようなアニメーターやアーティストでも、来場者には一定のファンが見られること。日本とアメリカという距離がありながらも、コンテンツ面ではほとんどタイムラグなしに伝わっていることがわかります。

アメリカでの日本アニメ文化

アメリカでは、『ポケットモンスター』『ドラゴンボール』『NARUTO』といった人気作品が牽引役となり、アニメ人気が盛り上がりました。しかし、作品の人気が下降するとともに、日本アニメブームも一時は下火になっていきます。

その流れを変えたのは、動画配信でした。2010年代になると、テレビ放映だけではなく動画配信サイトでアニメが放映されるようになり、日本とアメリカでの同時展開が可能になったのです。

タイムラグなしにさまざまな日本のアニメが見られるようになり、アメリカでのファン層も拡大され、アニメ・エキスポの入場者数も飛躍的に増えていく結果となりました。

そこからさらに、アニメで描かれている日本の文化をもっと知りたいというファン化の欲求も高まり、ファッションや音楽といったポップカルチャー全域に興味が広がっています。

ただ、アメリカではまだ「アニメやゲームは子供が楽しむもの」といった感覚が一般的。ここからどう支持層を広げていくのか、日本の誇るコンテンツをいかにして一時的にブームに終わらせずに供給し続けていくのか、アメリカだけでなく日本の業界関係者からも注視されています。

オリジナル採用サイト制作サービス採用アクセル
アクシスコンサルティング

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP