ビジネス

経営者は睡眠時間をしっかりとって朝早くから行動する!?

大物を目指すなら早めに就寝する“朝型”に切り換えるといいのかもしれないようだ。経営者と社員を対象に日頃の行動が朝早く起きて行動する朝型か夜遅くまで起きていて行動する夜型を比べると、経営者は社員より「朝型」の割合が高いことがソニー生命保険(東京・港、萩本友男社長)の調査で分かった。

年収別にみると、経営者も社員も高年収の層はやはり「朝型」の割合が高く、年収1000万円以上では「朝型」が6割半(経営者65.4%、社員65.9%)となっている。

 平日の睡眠時間は、経営者では「5時間」(22.8%)や「6時間」(34.8%)、「7時間」(23.6%)に回答が集中し、平均時間は6.1時間となった。社員も同様の傾向だが、平均時間は5.8時間と経営者に比べてやや少なかった。

 経営者が仕事で最も大切にしていることは「時間を守る」で57.0%、次いで「正確・丁寧に仕上げる」(48.0%)、「利益をあげる」(47.6%)、「常に情報を収集する」(42.2%)、「何事もリスクを見込んでおく」(40.6%)が4割台で続いた。
【経営者が仕事で大切にしていること】
1位 時間を守る 57.0%
2位 正確・丁寧に仕上げる 48.0%
3位 利益をあげる 47.6%
4位 常に情報を収集する 42.2%
5位 何事もリスクを見込んでおく 40.6%

 一方、社員が仕事で大切にしていることも1位「時間を守る」(48.6%)、2位「正確・丁寧に仕上げる」(42.6%)と同じだったが、3位に「上手くコミュニケーションをとる」(39.4%)がランクインした。

【社員が仕事で大切にしていること】
1位 時間を守る 48.6%
2位 正確・丁寧に仕上げる 42.6%
3位 上手くコミュニケーションをとる 39.4%
4位 謙虚でいる 31.8%
5位 何事もやり切る 31.2%

 経営者と社員とを比較すると「利益をあげる」、「常に情報を収集する」、「何事もリスクを見込んでおく」は、経営者が社員よりも10 ポイント以上高くなっている。

 ビジネス上のコミュニケーションで大切にしている項目は経営者も社員も同様だったが、経営者は「相手の話をよく聞く」と「あいさつをしっかりする」が5割以上の高い支持を得た。

 また、「あいさつをしっかりする」、「具体例を用いて話す」、「自分の失敗談なども隠さず話す」は経営者が社員よりも10ポイント以上高くなっている。
【経営者がビジネス上のコミュニケーションで大切にしていること】
1位 相手の話をよくきく 53.6%
2位 あいさつをしっかりする 52.4%
3位 相手の反応を見ながら話す 39.4%
4位 相手の側に立って話す 36.2%
5位 相手の目を見て話す 32.4%

【社員が仕事において大切にしていること】
1位 相手の話をよくきく 45.8%
2位 あいさつをしっかりする 40.2%
3位 相手の反応を見ながら話す 32.0%
4位 相手の側に立って話す 27.0%
5位 相手の目を見て話す 25.8%

 会社で最大の利益を目指すというゴールは同じでも、経営者と社員では価値観に案外大きな違いがあることに驚いた。とりあえず高みを目指すなら、睡眠時間を少しだけ増やして、ゆったりとした朝時間を満喫するのがいいのかな。(土田)

 調査は、2016年2月29日~3月1日、20歳以上の経営者・会社役員と会社員を対象にインターネットで実施し、1000サンプルの有効回答を得た。

採用サイト制作サービス 採用アクセル
経営者JP

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP