転職

仕事を辞める理由ランキングと好印象な辞め方

仕事を辞める理由は人それぞれ。本当に辞めていいのか、どうやって会社に伝えればよいのかと迷っている方もいるかもしれません。ここでは仕事を辞める理由をランキング形式にまとめています。ランキングを読んで、転職を考えたときの参考にしてみてください。

仕事を辞める理由ランキング

転職を考えるということは、今の職場では足りないものがあるということ。働く会社員がどんなときに「仕事を辞めたい」と思うのか、辞める理由をランキングにまとめました。

1位 待遇に対する不満
もっとも多かったのは、給与や福利厚生など、待遇がよくないことに対する不満。やりがいはもちろん大切ですが、給与が仕事の内容・量に見合わない場合は転職を検討するという方が多いようです。

2位 職場の人間関係
給与の不満に次いで多かったのが、同僚や上司・部下との関係に悩んでいるケース。毎日顔を合わせる仲間に不満があっては「やっていられない!」という気持ちになることもあるのでしょう。

3位 労働時間が長い
残業が多い、休日が少ないなどで自分の時間がとれないと、長続きはしないのかもしれません。公私のバランスは気持ちよく働くのに大切な要素です。

好印象な伝え方とは?

仕事を辞める際、正直にランキングのような本当の理由を話す必要はありません。素直に不満を口にしてしまうと、かえって煩わしい人間関係に発展することになりかねないからです。辞める理由は「スキルアップのため」「独立したい」など前向きなものを話すことで、よい印象を持ってもらえます。

また、「辞めたい」と感じた段階で同僚や部下に不平不満を漏らすのはNG。退職の意思はまず直属の上司に伝えましょう。「相談」という形から話を進めていけるのがベターです。相手の立場に立って、角が立たない言葉選びをしてください。

注意すべきポイント

仕事を辞める理由を伝えるときは、会社の繁忙期以外の時期を選ぶとよいでしょう。上司も繁忙期ではまともに話を聞いてくれない可能性が高いです。年度の区切り目だと引き継ぎなどをスムーズに行えることも。円満退職は時期を見計らうことが大事です。

また、退職確定の前に同僚などに話してしまわないよう気をつけましょう。噂が立つといざ辞めるときに気まずい思いをすることになり、人間関係に亀裂が入りかねません。確実に話がまとまるまでは、自分一人の胸に留めておいてください。

辞めるときの悪い例

・転職活動を優先して普段の業務をおろそかにする
・同僚にも転職を勧める

これらは会社にとって損となる行為です。仕事の手を抜いたり、おおっぴらに転職することを言いふらしたりするのはNG。円満退職とは程遠くなってしまうので気をつけたいものです。

また、自分の責任で辞めるのですから、引き継ぎはしっかりとこなしましょう。決して、後任者任せにすることのないようにしたいですね。

伝える前の確認事項

・タイミングを見計らう
・ランキングのように辞める理由をはっきり言うのは避ける
・退職後の心構えをしておく

この3つのポイントを押さえるのが円満退職のコツです。

マナーとして、退職の意思は対面で直接伝えましょう。どうしてもやむを得ない場合のみ、電話で連絡をしてください。その場合は、本来直接会って話すべきであるが電話になってしまったことを謝罪します。

また、電話では意思の完璧な疎通が難しい場合も。確実に退職すると伝えなければ、欠勤扱いになる可能性もあるので注意しましょう。

円満退職を目指そう

辞めることが決まったら、1ヶ月前、できれば2ヶ月前には伝えた方が良いです。早ければ早いほど会社も後任者を探す余裕ができます。

また、人間関係が原因で辞職するのだとしても、引き継ぎは最後の仕事と割り切り、確実にこなしましょう。ポイントをまとめたマニュアルなどがあると分かりやすくて良いですね。顧客や取引先のデータはきちんと整理し、できれば後任者と一緒に退職の挨拶をしに出向くのがベストです。

仕事を辞める理由を上手に伝えて、円満退職を目指してください。

採用サイト制作サービス 採用アクセル
経営者JP

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP