ビジネススキル・マナー

クールビズファッションを楽しむために注意したいポイント

蒸し暑い6月が終わり、猛暑日が相次ぐ夏に突入。早い会社では5月中旬頃から「クールビズ」が始まっているでしょう。ノーネクタイ、ノージャケットでの勤務が許されますが、クールビズにかこつけて服装が乱れる人もなかにはいるようです。そこで、今回はクールビズファッションの注意点について解説します。

「クールビズ」の意味について理解する!

「クールビズ」とは、温室効果ガス削減のために、冷房時の室温を28度にしましょう、という環境省が主体となった国家的取り組みです。2016年のクールビズ期間は5月1日~9月30日です。

28度でも暑く感じる場合は、扇風機などを使い、オフィス内の空気を循環させましょう。冷えすぎると血行不良につながるだけでなく、夏風邪の原因になる可能性もあります。

夏用ワイシャツの選び方

クールビズに必須のアイテムといえば「ワイシャツ」。上着着用時は、ワイシャツはサブアイテムですが、上着なしのクールビズでは主役級。自分の身体に合った夏用ワイシャツを選びましょう。

長袖シャツを選ぶ

クールビズであっても、長袖シャツを着用しましょう。半袖シャツの人も見かけますが、ビジネスシーンでは決して良い印象にはなりません。暑さを感じた場合は、腕まくりをして涼しさを演出しましょう。

白無地もいいけれど……

せっかくのクールビズ、ワイシャツでオシャレを楽しむのもよいでしょう。涼しさを感じさせるストライプ柄のものやメッシュのものなどが販売されており、要チェックです。勤務先で白無地のシャツ着用が義務付けられている場合は致し方ありませんが、特に指定がない場合、ぜひ柄物、色物を楽しんでみてください。

色、柄にも注意する

色は、見た目の涼しさを考慮してブルーを中心に選ぶとよいでしょう。柄は過度に派手なものはNGです。
洗濯可ならなお良し
汗をたくさん吸ったワイシャツは、その日のうちに洗濯したいもの。クリーニングに出すのも手ですが、残業などが原因でクリーニング店の営業時間内に来店できないことも。自宅で気軽に洗濯できる素材ならなお良しです。とはいえ、自宅で洗濯した結果、ワイシャツがシワだらけになってしまったというのでは、目も当てられません。形態安定加工シャツやポリエステル混シャツなどがおすすめです。

ジャケット選びも手を抜けない

インフォーマルな場では、ノーネクタイにワイシャツでも問題ありませんが、商談などフォーマルな場では、ジャケット着用が基本です。

薄手の夏用ジャケットの購入を

麻など軽い素材でできたジャケットが一着あると便利。通勤時はもちろん、オフィスに常備しておくとよいでしょう。

さわやかさを感じる色を選択

ネイビーやブルーなどさわやかさや涼しさを感じさせる色を選びましょう。もちろん、パンツとの相性にも注意です。

体感温度に大きく影響する「スラックス」

スラックスは、素材と通気性を重視して選ぶとよいでしょう。汗を吸収しやすいドライ素材がおすすめです。

ドライ素材は3種類ある

ドライ素材は、スウェット素材、ポリエステル素材、ジャージー素材の3種類。スウェット素材は、伸縮性、ポリエステル素材は速乾性、ジャージー素材は軽快さが特徴です。気になる人は、購入時に店員さんに尋ねましょう。

通気性、速乾性に優れた生地を選ぶ

おすすめは、「リネン生地」と「コットン生地」。リネン生地は、亜麻でできた天然繊維。見た目にも涼しく、昔から愛用されている生地のひとつです。コットン生地は、安価に購入でき、肌触りもよいため好んで着用している人もいます。

ポケットには極力物を入れない

ポケットに物が入っていると、肌との摩擦により、熱を感じることになります。スラックスが痛む原因にもなるため、ポケットは空の状態にしておくとよいでしょう。

足の蒸れ、臭いが気になる人はソックスにも配慮する

ソックスは、通気性と色に注目して選ぶとよいでしょう。近年、ソックスはさまざまなバリエーションで発売されており、思わず目移りしてしまうほど。

ソックスにおける通気性のよい素材は、亜麻。通気性がよいだけでなく、吸湿性にも優れているため、蒸れも防ぐことができます。肌触りもよいためおすすめの素材です。色はブルーやネイビーを中心に選ぶとベターです。

ワイシャツの下は何を着る?

ワイシャツの下にプリントTシャツを着ている人をたまに見かけますが、柄が透けてしまい格好悪いもの。このまま商談に臨むのはおすすめできません。

ワイシャツの下に何も着ないという人もいますが、汗でワイシャツが肌に張り付くため、これも見ていて気持ちよいものではありません。

シャツの下には、丸袖半袖TシャツやVネックTシャツを選びましょう。もちろん、通気性や吸湿性は要チェックです。

夏本番!クールビズで夏を乗り切ろう!

クールビズファッションは、9月まで続きます。5月から始まっている会社の場合、クールビズ期間は5か月間にも及びます。そう考えると、クールビズファッションにおカネをかけてもよさそうですよね。

クールビズファッション初心者は、ワイシャツとスラックスを中心に注意するとよいでしょう。慣れてきたら、ジャケットやソックスなどにも配慮するとスムースです。

インソース
エナジード

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP