転職

円満退職の秘訣!仕事を辞める前には準備を欠かさずに!

いざ退職!となった時、後悔が残るのは辛いですよね。円満に退職するためには、仕事を辞める前の準備が不可欠です。では一体どんな準備をすれば良いのか?今回はそんな疑問を解消します。仕事を辞める前に準備をしっかり整えて、気持ちよく次のステップにうつりましょう!

退職前の準備をするかどうかであなたの人生が変わる!

「会社を辞める」……言葉にすればたったこれだけのことですが、実際退職するには、仕事を辞める前にさまざまな準備が必要となります。その準備を怠ると、これまで勤めていた会社に迷惑をかけるのは勿論、場合によっては自分の転職にまで影響してしまうのです。

同じ業界に転職する場合、前職での噂は案外流れていきます。業界を変えたとしても、せっかく培ってきた人間関係が崩れてしまうのは、もったいないですよね。きちんとした円満退職が、あなたの人生を守ることにつながるのです。

「本当に辞めるのか」自分自身と相談し決意を固めよう

まず初めに「本当に仕事を辞めたいかどうか」を自分の中で確認し、方針を定めます。一度提出した退職届は、基本的に取り消すことはできません。一時の感情だけで退職を決めてしまうと、転職活動の期間を考えずに退職することとなり、のちに後悔するはめに……。

転職サイトなどで他社の情報を調べたり、築いてきた人間関係を思い浮かべたりして、今の会社から離れることが本当に自分のためになるかどうか、今一度しっかりと考えましょう。

退職手続きに関する社内のルールを確認しておこう

退職の決意が固まったら、次に社則の確認をしましょう。退職にはそれぞれの会社が定めているルールがあります。代表的なものでいえば「退職する場合は、その旨を○か月前までに申告すること」といったものです。

定められている社則を破ると、会社に負担がかかるだけではなく、仕事の引継ぎの期間が短くなるなど、一緒に働いていたメンバーにも迷惑をかけます。

退職するまでは、まだ会社の一員です。マナーを守り、誠意ある態度をとりましょう。

転職活動とその後の進む道を具体的にイメージしよう

社則の確認ができたら、いよいよ転職活動のスケジュールを組みます。初めに、求職活動をするのは「在職中」か「退職後」かを考えましょう。これにより、準備するものが変わってきます。

在職中に転職活動を行うなら、試験や面接を受けるため有給休暇の調整が必要ですし、退職後ならば集中して求職活動をするために、経済面を安定させておかなければいけません。

また、いつ頃から新しい会社で働き始めることができるのかも、必ず計算しておきましょう

「退職します」上司に伝える際はどう切り出す?

転職先が決まった、もしくは退職後の生活に目途をたてた後は、退職の意思を上司に伝えなければいけません。「今後のことでご相談したいことがあります」と上司に時間をつくってもらいましょう。

この時注意しなければならないのは「不満や批判を退職理由としない」ことです。不満が解消すれば引き留める余地があるのか、と思われるだけではなく、内容によっては上司の気分を害してしまい、円満退職が難しくなってしまいます。

前向きな退職の決意を伝え、退職日の詳しい打ち合わせをしましょう。

しっかりと準備を整えて、円満に退職しよう!

以上、仕事を辞める前にやっておくべき準備をご紹介しました。退職するかどうかは自分自身だけではなく、会社にとっても非常に大きな問題です。上司に仕事を辞めると伝える前に、自分の意思をしっかりと固めておきましょう。

また、社員の退職は機密事項になりますので、上司と退職日の打ち合わせをするまでは、周りに話してはいけません。

マナーを守り、しっかりと準備を整えて、円満に会社を退職しましょう!

採用サイト制作サービス 採用アクセル
経営者JP

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP