ライフ

アクセス集中でサーバーダウン!話題のメルカリNOWとは?

フリマアプリとして有名なメルカリ。そんなメルカリが「メルカリNOW」というサービスを始めました。こちらも話題になった「CASH」とよく似た仕組みですが、その違いは何でしょうか。メルカリNOWとは?CASHとは?その内容や違いなどについてご紹介します。

「メルカリNOW」とは?

メルカリNOWとは、簡単に言うとネットを通じて査定ができる質屋のようなサービス。商品の写真やブランド名、状態などから査定をし、査定金額に納得すれば買い取りされるという仕組みです。

メルカリは出品した商品を買う人がいないとお金は入ってきませんが、メルカリNOWなら査定が終わり、買い取りが決定したらすぐにお金が入ってきます。

少し前にサービスを開始したCASHは、すぐにサーバーダウンしたほどアクセスが集中しましたが、メルカリNOWも始まって17分でサーバーダウンするという人気ぶりでした。

どんな仕組み?

メルカリNOWに査定に出す商品が決まったら、まずアプリからブランド・カテゴリーを選びます。そして、スマホで撮影した商品をアップ。すると査定額が届くので確認します。OKするとアカウントに入金されるという仕組みです。

買い取るのはメルカリのグループ会社で、買い取り決定後2週間以内に、無料で荷物を取りに来てくれます。そして、メルカリのグループ会社は、買い取った商品をメルカリを通じて売却します。

「CASH」との違い①商品と査定額

一足先に始まったCASHとはどんな点が違うのか比較してみましょう。CASHもメルカリNOWも、ブランド品を売ることができますが、メルカリNOWは服飾品のみという決まりがあります。一方CASHは、服飾品以外の電化製品などもOKです。

またCASHは、査定額の下限が1,000円からという決まりがあるので、どんなに安くても1,000円を切ることはありません。一方メルカリNOWは下限がないので、人気ブランドのスニーカーが100円だったという方もいらっしゃるようです。

「CASH」との違い②引き出し方法

また、売上金の引き出し方も異なります。メルカリNOWは、銀行振り込みで引き出すことができるほか、メルカリ内で買い物に使うことが可能です。メルカリを利用している方にとってはそのまま買い物ができるので使いやすいでしょう。

CASHも、同じように銀行振り込みがありますが、その他にコンビニ受け取りが可能です。売上金の使い方によって、自分に合うアプリどちらかを選択して利用すると良いでしょう。

実際の評判は?

メルカリNOWもCASHも、査定額の上限が20,000円までという決まりがありますが、下限の決まりがあるのはCASHだけです。

メルカリNOWの利用者のなかには、査定額の安さにガッカリしたという声も。気に入っていたブランド品が100円台だと、売るかどうか迷ってしまいますよね。

しかし、すぐにキャッシュ化できるという利点もあります。捨てようと思っていた不用品がお金に替わるのなら、ある程度安くても売ってしまいたいと思う方は少なくないでしょう。

リユースという考え方

メルカリNOWとは何なのか、お分かりいただけたでしょうか。簡単に言えば質屋のようなものですが、不用品をまた利用してもらえるのはエコの観点からも大切です。

単純にお金に替えたいと思って利用するのと、どうせゴミになるなら少ないお金でも誰かに使ってもらいたい、と考えるのとでは、サービスの利用価値も変わってくるはずです。不用品がある方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

採用サイト制作サービス 採用アクセル
経営者JP

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP