ビジネススキル・マナー

どこまで大丈夫?真夏の女性のオフィスカジュアル

環境省が初めてクールビズを奨励したのが2005年のこと。最近では多くの企業が、夏季のクールビズを取り入れています。でも、「女性の場合どんな格好で出社すればいいのか」と悩む人もまた多いはず。ということで、夏のオフィスでの女性向けオフィスカジュアルのコーディネイトをご紹介します。

ビジネスカジュアルとオフィスカジュアル

ビジネスシーンでの軽装として、「ビジネスカジュアル」と「オフィスカジュアル」という言葉をよく耳にします。どちらもスーツではない軽装を指しますが、ニュアンスとしては多少の違いがあります。

ビジネスカジュアルは、そのまま取引先を訪問しても失礼に当たらない服装のこと。かっちりとしたスーツよりも、もう少し柔らかい雰囲気の服装を指すと考えればいいでしょう。例えば、スーツのシャツだけをカットソーに変える、ボトムだけをベージュやグレーなどの軽い色に変えるといった着こなしです。

オフィスカジュアルは、社内で仕事をする上で最低限の礼節を保った服装のこと。社内ならば何を着ていてもOKと思うかもしれませんが、来客があっても対応できる服装であることが必須です。

イメージとしては、スーツ、ビジネスカジュアル、オフィスカジュアルの順に軽装になっていくと思ってください。

とはいえ、企業によっては「ビジネスカジュアルで」と言ってはいても、ポロシャツにジーンズのようにラフな格好でも大丈夫だったり、逆に「オフィスカジュアルで」と言いながら、スーツのジャケットを脱いだだけのような堅い服装を求められたりすることもあります。

どの程度の服装まで大丈夫なのかは、先輩社員の服装などを見て、自分で判断するしかありません。判断に困るようなら、最初はビジネスカジュアルから始めて、徐々に軽装にしていくというのもひとつの手段です。

オフィスカジュアルでのNGライン

オフィスカジュアルの基本は、仕事がしやすい服装であること。それにプラスして、企業イメージを損なわない清楚な雰囲気が求められます。

そのため、露出の多い服装はNG。ノースリーブまではセーフですが、タンクトップやチューブトップ、キャミソールは止めておきましょう。また、背中や胸元が大きく開いているのも、清楚とは言いがたい雰囲気になってしまいます。

ボトムも同じく、極端なミニスカートやショートパンツはNGです。スカートなら膝頭が出る程度、パンツなら7分丈までにとどめておくのが無難です。特にタイトなスカートの場合、立っている時には大丈夫でも、椅子に座ると太ももが見えてしまうことも。すると、だらしない、品がないと捉えられてしまう場合があるので注意しましょう。

あまり色の鮮やかな服も、オフィスでは浮いて見えてしまうことがあります。金、銀、赤、オレンジといった派手なカラーは、差し色にとどめておくのが無難です。

ジーンズも職種によってはOKなこともありますが、カジュアルに見えすぎてしまうのでやめておきましょう。ジーンズ素材のスカートも同じく、やめておいたほうがいい服装です。

足下はパンプスが無難ですが、サンダルでも一般的には大丈夫です。でも、サンダルはバックバンドつきのものをチョイスして、必ずストッキングを履くようにしましょう。

オフィスカジュアルのお薦めコーディネイト

オフィスカジュアルとして無難なコーディネイトと言えば、やはりブラウスとスカート、あるいはパンツの組み合わせ。ブラウスのデザインを何種類かそろえておけば、ボトムが同じでも印象が変わるので、着回しができます。

ボトムは黒や紺よりも少し軽めで、さまざまな色と合わせやすいグレーやウッドブラウンがお薦め。ベージュや白など薄い色のボトムにしたいときは、紺など濃いめの色のブラウスを選ぶと締まって見えます。

ブラウスは襟のないものでも大丈夫ですが、あまりだぼっとしているものは、だらしなく見えてしまいます。また、あまりにたくさんのフリルなどは、仕事をする時の邪魔に。すっきりとしたデザインで、体のラインがきれいに見えるものが理想です。

気をつけたいのは、ブラウスの色。白やパステルカラーなどの色の薄いものは、下着が透けて見えてしまうことがあります。ベージュやピンクなど目立たない色の下着にする、インナーを着用するなどして、透けないようにしっかり対策をしましょう。

ボトムはすっきりめが好印象

夏場はゆったりとした余裕のある服が着たくなるもの。でも、ルーズなサマーニットにワイドパンツといった、上下ともにゆったりとしたコーディネイトだと、ともすればリゾートファッションのように見えてしまいます。

トップがゆったりとしたデザインなら、ボトムはスリムパンツにするなど、上下どちらかをタイトなものにすると、オフィスカジュアルとしてビジネスシーンにふさわしい引き締まった印象になります。

特にお薦めしたいのが、濃いめの色のスリムパンツ。黒、グレー系、ベージュ系の3色をそろえておくと、どんなトップスでもほとんどカバーすることができます。

どうしても上下ともにゆったりとした組み合わせにしたいときは、ベルトなどで引き締める部分を作ってみましょう。

羽織りものを上手に使おう

猛暑とはいえ、ずっと冷房が効いたオフィスにいると、知らないうちが体が冷えてしまうという人も。そんな時に重宝するのが、ジャケットやカーディガンなどの羽織りもの。特に、ハンガーにかけておかなくてもシワにならない素材のジャケットは、オフィスカジュアルでは1枚は持っておきたいアイテムです。

ジャケットが役立つのは、温度調整の面だけではありません。少し派手目のブラウスやカットソーでも、ジャケットを羽織ることで上品な雰囲気になります。ジャケットを着用すれば、インナーにタンクトップやキャミソールを使うことも可能です。

また、上下ともに薄い色の服装の時は、濃いめの色のジャケットを羽織ると締まった印象に。逆に、インナーが濃い色でも、白やベージュのジャケットを合わせると、涼しげに見えます。

着回しの難しいワンピースのアレンジ

「ワンピースは組み合わせを考えずに着られるので楽」と思うかもしれません。でもそれは、逆に言うと着回しがきかないということ。

そんな時は、薄手のジャケットやカーディガンを使ってみましょう。ワンピースだけで着る、カーディガンを羽織る、ジャケットと組み合わせるといったアレンジで、同じワンピースでも印象が違ってきます。

カーディガンは何色かそろえておくとコーディネイトにも幅が出ますが、あまりローゲージだと書類などに引っかかったりしてしまいます。薄手のハイゲージで、シンプルなデザインのものが、着回しもできて便利です。

採用サイト制作サービス 採用アクセル
経営者JP

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP