ライフ

世界で最も日本のことが好きな国とは―また、最も認知度が高い日本の世界遺産は?

世界の中で日本のことが好きな国・地域の1位は「タイ」、日本の世界遺産で最も認知度が高いのは「原爆ドーム」であったことが、電通(東京・港、石井直社長)の「ジャパンブランド調査2016」で分かった。

1位となったタイは、これまで2年連続1位だったベトナムを0.5ポイント上回った。ベトナムは2位となり、前年同率1位の台湾は前年比4ポイントダウンで7位となっている。

日本のことが好きな国・地域(トップ5)

1位 タイ
2位 ベトナム
3位 フィリピン
4位 シンガポール
4位(同票) マレーシア

行きたい地域1位は東京―北海道など地方も追い上げを見せる

日本の中でも行きたい地域(都道府県)は、1位は不動の東京都、2位は大阪府、3位は京都府となっている。東京都の順位は、東アジアでは中国では2位(前年も2位)、香港では5位(前年は3位)、韓国では3位(前年も3位)、台湾では4位(前年は3位)となっており、東京離れが前年よりも進みつつある。またASEAN地域でも、タイでは北海道が東京都を上回っている。

行きたい日本の都道府県(トップ5)

1位 東京都
2位 大阪府
3位 京都府
4位 北海道
5位 沖縄県

訪日旅行リピーターの増加により、地方ブームはますます加速

こうした地方ブームの背景について電通では、個人観光客の“訪日旅行リピーター”の増加があると指摘している。

 訪日リピーターと訪日経験のない人で比較すると、リピーターほど「地方」に行きたがる傾向が強いようだ。

 例えば、訪日経験が多い中国・香港・韓国・台湾からのリピーターは、九州地方の県が他の都道府県に比べて10ポイント以上高いスコアを獲得していた。
 地方で体験したいことのトップは「温泉」、次いで「自然」「桜」などが続いた。地域別でみると、欧米エリアでは「日本式庭園」、フィリピン・香港・台湾では「桜」、フィリピン・シンガポールでは「庶民的なローカルフード」が人気が高かった。

 他にもご当地「ラーメン」に関心が高いのはフィリピン、「世界遺産」はイタリア、「城・城址」はロシア、「和牛」は香港など地域によって興味や関心は異なっっていた。

地方で体験したいもの(トップ5)

1位 温泉
2位 自然 
3位 桜
4位 日本式庭園
5位 庶民的なローカルフード

メジャーな日本の世界遺産は?

日本の世界遺産で最も認知度が高いのは 「原爆ドーム」で、日本の象徴「富士山」、メジャーな観光地「古都京都」を僅差で超える結果となった。

 「原爆ドーム」の認知が最も高い国は日本からの移民が多いブラジルで、歴史的に関係のある北米エリアでの認知も高い。東アジアでの認知は低かった。

外国人が知っている日本の世界遺産(トップ5)

1位 原爆ドーム(広島県)
2位 富士山(静岡県・山梨県) 
3位 古都京都の文化財(京都府・滋賀県)
4位 法隆寺地域の仏教建造物(奈良県)
5位 小笠原諸島(東京都)

日本文化の評価、ますます高まる

優れていると思う日本の物事は、最もスコアが高かったのは「日本のロボット工学」となった。トップ10には前年に続き技術関連の項目が多数入っているが、前年調査と比較すると、前年5位だった「日本食」が2位。

 同じく4位だった「アニメ・漫画」が3位にランクインするなど、文化に関わる項目が初めてトップ3入りを果たしている。
 特に「日本食」の評価は高く、台湾・タイ・香港・ドイツ・カナダの5カ国・地域では1位となった。前年よりもスコアが大きく伸びた国・地域はロシア (前年の2倍)と韓国(前年より9ポイント向上)だった。

 ロシアではもともと日本食ブームであったところへ昨年から日本産牛肉の輸入が解禁されたこと、韓国では昨年訪日観光客が過去最多となったことが影響しているようだ。
優れていると思う日本の物事(トップ5)

1位 日本のロボット工学
2位 日本食
3位 日本のアニメ・漫画
4位 日本の自動車・バイク
5位 日本の精密技術

 調査は、2016年4月25日~5月18日、世界20カ国・地域の20~59歳の男女地域ごとに200人、計4000人(中間所得層以上)を対象にインターネットで実施した。
(20カ国・地域=中国(北京、上海)、香港、韓国、台湾、インド、シンガポール、タイ、インドネシア、マレーシア、ベトナム、フィリピン、オーストラリア、アメリカ、カナダ、ブラジル、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、ロシア)

採用サイト制作サービス 採用アクセル
経営者JP

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP