ビジネス

ライフスタイルが変わる!?ノマドワーカーの現実

最近話題の働き方改革で、ノマドワーカーに注目が集まっています。しかし、現実にこういった働き方をしている人を見たことがない、という方も多いのではないでしょうか?今回は「ノマドワーカーの現実って実際どうなの?」という疑問にお答えします。

ノマドワーカーとは?

「ノマドワーカー」という言葉をご存知ですか?ノマドワーカーとは、オフィスなどに縛られることなく働く人たちのことです。「Nomad(ノマド)」という「遊牧民」を表す単語から生まれた言葉で、最近では世間にも多く知れ渡ってきました。

ノマドワーカーは、現在話題になっている働き方改革に関連するひとつの働き方で、インターネット環境さえあればどこでも働くことができる点が魅力です。ノマドワーカーの現実について、もう少し詳しく見ていきましょう。

社会からの評価は?

ノマドワーカーの働き方は、一般的なビジネスパーソンとはまったく異なります。時間や場所にとらわれずに働くことができ、「働きやすそう」と思う方も多いのではないでしょうか?気になるのは、社会からはどんな評価を受けているのか、という点です。

近年では、ノマドワーカーという言葉が多くの人に知れ渡ったこともあり、以前よりも環境や制度が整っている企業が多くなりました。しかし一方で、副業としてノマドワーカーのスタイルで働く人も多いため、フリーターのようなイメージを持たれることも。一部では信用を失っているという現実もあるようです。

ノマドワーカーの1日のスケジュール

場所や時間にとらわれない働き方をするノマドワーカー。ノマドワーカーとして実際に働く人は、どのようにして1日の仕事をこなしているのでしょうか?

たとえば、あるノマドワーカーのスケジュールは、以下の通りです。

08:00 起床
08:00~10:00 朝食や家事など
10:00~12:00 仕事
12:00~13:00 ランチ
13:00~16:00 仕事
16:00~19:00 買い出しと料理、夕食
19:00~21:00 仕事

決められた時間にオフィスに行く必要がないため、起床時間も人や場合によってまちまち。仕事も、自分の行わなければならない日常的な家事と同時にこなしていく方が多いようです。自由度が高いノマドワーカーの働き方が感じられるスケジュールですね。

仕事内容

ノマドワーカーの仕事の内容は多岐にわたります。

よくイメージされるのが、記者やインタビュアー、カメラマンとして活躍する人たち。同様に出社せずに外回りをメインに働く職種には、営業職などもあります。それ以外にも、ライティングやプログラミング、デザイナーなど、家で勤務をするノマドワーカーも。

ノマドワーカーには実にさまざまな職種があり、選択肢は豊富です。パソコンを使って仕事をしている方なら、ノマドワーカーへの転向も現実的といえるでしょう。

ノマドワーカーに向いている人

ノマドワーカーの働き方に向いているのはこんな方といわれています。

・ネット環境をしっかり整えられる人
インターネットを通してクライアントとやりとりをするため、ネット環境の整備は大前提です。

・コツコツと一人でも仕事をこなせる人
周囲と歩調を合わせて仕事をする必要はありませんが、自分が作業をしなければ仕事は回りません。一人でも黙々と作業できるタイプが向いています。

・専門的な技術がある人
必須ではありませんが、ライティングやプログラミングスキルなど、特別なアピールポイントがあると仕事をもらいやすくなります。

ノマドワーカーとして働いている人は、旅行好きで世界のどこでも働ける環境で仕事をしたいという人から、小さい子どもがいて家を離れられない主婦の人までさまざまです。現実には、誰に向いているというより、ノマドワーカーとして働きたいと思っている人には誰にでもチャンスがあるといえるでしょう。

ノマドワーカーというライフスタイル

近年、知名度が急激に広がった働き方のひとつであるノマドワーカー。このノマドワーカーの現実をみて、実際に働いてみたいと思った方もいるのではないでしょうか?

自由度が高いノマドワーカーは、時間を有効活用できる働き方のひとつ。誰にでもチャンスがあるのも特徴です。興味のある方は、新たな働き方として挑戦してみてはいかがでしょうか?あなたの生活がより豊かで快適なものになるかもしれません。

採用サイト制作サービス 採用アクセル
経営者JP

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP