ビジネス

副業で注意すべきポイントを解説! 詐欺、フランチャイズ、債権回収etc.

意気揚々と始めてみた副業だったが、実際に始めてみると思わぬ障害にぶち当たることもある。副業で注意すべき実践的な基礎知識を解説する。

詐欺師は心のすき間に入り込んでくる

「必ず儲かる」「絶対稼げる」「1日で即金100万円ゲット!」「再現率100%!」など誇大な表現を使用している業者には絶対に関わらないほうがいい。

世の中「1日で即金100ゲット!」できるまともな仕事などない。裏稼業であれば、このような報酬もあり得るかもしれないが、人生の階段を踏み外したくないのなら、正しい目を持って向き合おう。

詐欺師は、あなたの心のすき間(例:忙しいく頑張って働いているのに全然カネがない)にスルッと入り込んでくる。可能であれば、「副業」を始める際、家族だけでなくビジネスの専門家にも相談するとよいだろう。

フランチャイズビジネスはどうなのか……

近年、コンビニエンスストアや飲食店だけでなくさまざまなフランチャイズビジネスが存在する。筆者は、フランチャイズビジネスをかれこれ十数年見ているが、売り上げ数字の根拠が薄弱なものや詐欺的なものも散見される。

フランチャイズビジネスは、「献上ビジネス」のひとつ。フランチャイザー(本部)は、フランチャイジー(フランチャイズオーナーのこと)の収益の一部をロイヤリティとして吸い上げている。

フランチャイザーが構築したビジネスモデルのうえでビジネスをするだけに、フランチャイジーはどうしても弱い立場に置かれる。それに、いったん加盟金などを支払っているため、心理的にも辞めにくい。筆者の考えとしては、フランチャイズ副業はフランチャイジーの言いなりになる可能性があるため、やめたほうが無難という結論だ。

債権回収リスクにも要注意!

仕事をしたものの、報酬を支払ってもらえないというケースも実は往々にしてある。会社員をしていると、このような場面に直面することはほとんどないのだが、毎日企業が倒産している現状、資金難を理由に報酬が受け取れない恐れは常につきまとっている。

債権回収リスク低減策は主にふたつ。ひとつは「前受金をもらう」こと。例えば、10万円でウェブ制作を請け負ったとしよう。この場合、契約時に5万円、完成時に5万円受領するなど前受金をいくらか受け取ることで、報酬がゼロになるリスクを低減できる。

もうひとつは「現地に足を運び、担当者と会う」こと。詐欺の場合、現地に足を運んでも運営実態がないケースもよくある。インターネット経由で受注するビジネススタイルの人も多いと思うが、メールだけでやり取りを済ませるのではなく、現地に足を運んで実際に発注者と会うことも大切だ。

受発注、生産、債権回収……。「副業」で多くのことを経験する

営業マンの場合、受発注や債券回収に携わる機会は多いかもしれない。しかし、生産となると話は別だろう。つまり、会社員の場合は、自分の職分については詳しくなるが、それ以外のことはどうしても無関心になりがちだ。

「副業」とはいえ、自分でビジネスを行うことは間違いなく、受発注から生産、債権回収、税務まで手がける必要がある。それぞれの業において注意すべきポイントがある。「副業」を始める前にしっかりと確認しておこう!

採用サイト制作サービス 採用アクセル
経営者JP

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP