ビジネス

副業は会社にバレるのか? 会社にバレたら即クビになってしまうのか!?

近年、大企業を中心に「副業」を容認する会社が増えてきた。収入がなかなか上がらないこのご時世、こうした時流のなかで「副業」を始めてみたいと思っている会社員も多いだろう。だが、もし会社にバレたらどうなるのか?を考えるとためらう人も多いだろう。「副業」を始める際、どのようなことに注意するべきだろうか。

「副業」は会社に“バレる”のか?

「副業していることが会社にバレたらどうしよう……」と心配している人も多いだろう。そんな心配はするだけ無駄!不要なことを考える時間があるなら、その時間をぜひ「副業」に回そう!

バレない理由は主にふたつ。ひとつは、世間の人は、あなたの行動に「無関心」だから。世間の人は、あなたのしていることなど興味ない。「副業」していることがバレる原因は、たいてい自分にある。「副業」が少しでもうまくいくと、ペラペラと自慢げに話してしまう人が多いものだ。

マイナンバー制度により副業がバレると思い込んでいる人もいる。たとえマイナンバー制度が本格的に広がったとしても、バレる可能性はかなり低いと思われる。

例えば、建築模型製作のアルバイトをして3万円稼いだとしよう。報酬を得る際、この会社にはマイナンバーを伝えることになるが、この会社はあなたに報酬を支払うためだけにマイナンバーを使用する。そのデータは、税務署だけが利用できるもので、あなたの勤めている会社は無関係である。

「副業」がバレたらクビになるのか?

「副業」がバレてクビになるのは公務員くらいのものだ。たとえ公務員であったとしても、おこずかい程度の金額であり、悪質なものでなければまず免職処分になることはあまりないだろう。

税金で暮らしている公務員より規律の緩い会社員ならなおさらクビになる可能性は低い。もしクビになるとしたら、普段から勤務態度が相当に悪く、人事評価が最低レベルの場合。このケースでは、人事部が「副業している」という汚点をクビにする口実として利用し、あなたを追い込んでくることが考えられる。真面目に勤務している人なら、副業がバレくらいではクビにはならないだろう。

とはいえ、「副業」していることが公になってしまうと、ほかの社員の心証を悪くすることも考えられる。就業規則で「副業」が禁止されている場合は、目立たぬようバレないようこっそりと「副業」に取り組んでみる手もある!

採用サイト制作サービス 採用アクセル
経営者JP

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP