ビジネススキル・マナー

コミュニケーションで仕事を円滑に!挨拶で気をつけたいポイント

仕事をするうえで、円滑に進めていくために「コミュニケーション」は欠かせません。コミュニケーションを取る第一の手段が「挨拶」。第一印象や今後の仕事にも関わってきますね。今回は挨拶で気をつけたいポイントを紹介します。

仕事でもコミュニケーションは大事

コミュニケーションは社内外問わず仕事を進めていくうえで欠かせない事ですよね。
仕事を円滑に進めていきたいときにコミュニケーションができるか否かで差が出てくるのではないでしょうか。

・挨拶
・笑顔
・尊敬
・優しさ

コミュニケーションする上で、上記4点は気をつけたいところ。
挨拶は初めて相手とコンタクトをとる手段になります。第一印象につながるので、ここはとくに気をつけたいですね。

ポイント①気持ちのいい挨拶を心がける

新入社員のときは出来ていた挨拶、今でも出来ていますか?

人に会う時には元気よく挨拶をしましょう。挨拶をされて嫌がる人はいないはず。仕事のシーンであれば、特に大切ですよね。

相手から挨拶をされたら必ず相手を見て笑顔で返事をしましょう。
相手を見て挨拶や返事を返すことはどんなに忙しくても忘れないようにしていくことが大事です。

元気がいい声、はっきりとした口調、笑顔をセットに挨拶をすると相手からの印象もよくなるでしょう。

ポイント②笑顔を忘れずに

笑顔は、笑顔を呼びます。笑顔で相手と接すると幸せな気分に相手をさせます。
忙しいとストレスがたまりますが「笑顔」だけは忘れないでください!

笑顔が笑顔を生み、気持ちのいい環境を作りあげていくことを再確認してみましょう。

落ち込んでいるときも「笑顔」を心がけると脳が幸せだと錯覚し、気分が改善することも研究により分かっています。自分にとってもいいことがあります。

ポイント③相手を気にかける

・話しているときは、しっかりと人の顔を見る。
・話を聞いているときにあいづちを打つ。

相手を気にかけることも忘れずに。「自分の話を聞いてくれる」という印象をもってもらえる可能性があり、相手も同じように対応してくれる可能性が上がります。

「相手への対応が自分に返ってくる」ということを意識してコミュニケーションするとよさそうですね。

小さな行動ですがこれも大切なコミュニケーションの一つです。

ポイント④優しさをもって接する

挨拶をするときも優しさをもってしましょう。
なげやりな態度や不機嫌さを出さないように気をつけたいところ。

別の場面ですが、話し合いやミーティングなどで意見が異なるときも同じように相手を思いやる気持ちや、優しさをもって気持ちを伝えると相手もそれに合わせて対応してくれることもあります。

信頼を獲得する大切なアクションにも繋がるので常に意識したいですね。

コミュニケーションで円滑に

毎日いろいろな人と出会いがありその数だけ話をする機会があります。
コミュニケーションを大切にすると、相手も気持ちよくなり自分にも返ってきます。

気持ちのいい挨拶から始まり、一つずつ小さなアクションの積み重ねが大事なので心がけて向き合っていきましょう。

採用サイト制作サービス 採用アクセル
経営者JP

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP