ライフ

7割の人が感じている「疲れ目」、その原因は主に3つ

「疲れ目」を感じている人は7割にも上っていることがトレンド総研の「目の悩み」に関する調査で明らかとなった。原因は人によってさまざまだが、眼科医によれば主にパソコンやスマートフォンによる目の酷使、目の乾燥、加齢などがあげられるという。

現在、目の悩みが「ある」と回答した人は71%に上った。具体的には「疲れ目」(71%)と「かすみ目」(39%)が上位を占めた。

【目の悩み トップ5】
1位 疲れ目 71%
2位 かすみ目 39%
3位 かゆみ 24%
4位 充血 16%
5位 異物感 14%

 疲れ目を自覚している人(303人)に具体的な症状を聞くと、「目がショボショボする」(76%)という回答が最も多くあがった一方で、「目の奥が重いと感じる」(32%)、「目がゴロゴロする」(23%)という声もみられた。

 かすみ目を自覚している人(169人)に症状を聞くと、「ピントがあわないと感じる」(81%)のほか、「視界の一部がぼやけて見える」(29%)、「目やにが多く、見えづらいと感じる」(21%)などとなった。

 疲れ目・かすみ目の対処法を聞くと、疲れ目・かすみ目ともに「目薬をさす」が最多となった(疲れ目65%、かすみ目56%)。

 また、「目薬をさす」と答えた人に目薬選びについて聞くと、「症状や原因に応じて適切な目薬を選ぶべきだと思う」という人が85%となった。

 一方、「症状や原因にあった目薬を正しく選んでいる自信がある」と答えた人は40%にとどまった。さらに、「目薬はどれを選んでも同じだと思う」と考える人も、20%と5人に1人に上った。

 眼科医の大島由莉先生によると、実際に診療をしていても、目の疲れやかすみを訴える人は増えている印象があるという。そして、同じ疲れ目・かすみ目でも、その原因は人によってさまざまだ。

 特に原因として当てはまるケースが多いのが次の3つ。
・パソコンやスマートフォンによる目の酷使
・目の乾燥や、それに伴う角膜ダメージ
・加齢による変化

 大島先生によれば、目の疲れやかすみを感じた時に「目薬」を使う場合には、症状・原因にあった成分を含む目薬を選ぶことが重要だという。

 「医薬品である目薬には、パッケージに具体的な効果・効能が記載されているので、自分が気になる症状や思いあたる原因にあわせて、目薬を選ぶことをおすすめする」とアドバイスしている。

 調査は、2016年11月18日~22日、20~70代の男女600人を対象にインターネットで実施した。(年代・性別 均等割付)

採用サイト制作サービス 採用アクセル
経営者JP

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP