ビジネス

GMOペイメントゲートウェイ、入社時期を年2回から選べる通年ポテンシャル採用を導入

GMOインターネットグループで決済関連サービスや金融関連サービスを手掛けるGMOペイメントゲートウェイ(東京・渋谷、相浦一成社長)は、4月と10月の2回から入社時期を選べる「通年ポテンシャル採用」を導入する。

「通年ポテンシャル採用」は、新卒採用の入社時期を4月と10月の2回から選べるため、海外の大学をはじめとする9月卒業の学生や、既卒、第二新卒として入社を希望する人が4月まで入社を待たずに効率的に就職することが可能となる。

 2017年度の新卒採用から導入され、応募受付は2016年12月15日から開始される。

 GMOペイメントゲートウェイでは将来を担う新卒新入社員の採用・教育に力を入れており、これまでに学歴・性別・国籍を問わず多くの新卒新入社員を迎え入れ、20代で事業責任者やグループ会社の執行役員に抜擢するなど若い力を伸ばす取り組みを続けている。

 今回の制度導入もポテンシャルの高い多様な人財を迎え入れるためとしており、9月卒業者や既卒者、第二新卒者も積極的に採用する計画だ。

【通年ポテンシャル採用 概要】
応募資格:大学院・大学・短大・高専・専門学校卒業見込み
もしくは卒業後2年未満の既卒者
(全学部全学科対象)
募集職種:法人営業職、システムエンジニア職、企画職
入社時期:年2回(4月と10月)

採用サイト制作サービス 採用アクセル
経営者JP

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP