ビジネス

未経験から経理職になるには

どんな会社であっても、金銭を扱う限り絶対に必要になる職種が経理。反対に言えば、経理のスキルや経験があれば、どんな企業にもアピールできるということです。しかし、経理職に就くためには、いったいどうしたらいいのでしょうか。

経理ってどんな仕事をするの?

経理イコールお金を扱う部署というイメージはもっていても、具体的にどんな仕事をするのかよく分からないという方も多いのではないでしょうか。

経理の仕事には、大きく分けて「出納業務」と「会計業務」があります。出納業務とは、日々の仕事で必要になる経費や交通費など、現金での出金や入金の管理です。会計業務とは、定められた法律に従って決算表や貸借対照表を作ることを指します。ごく簡単に言ってしまえば、お金の流れを帳簿に記入して管理し、それにまつわるさまざまな書類を作る仕事です。

説明を聞くと難しく感じるかもしれませんが、社内で行われている経理の業務は、決して特別なスキルや資格が必要な仕事ではありません。社会人としての一般常識があれば、仕事をしながらひとつひとつ覚えていくことで、滞りなく業務がこなせるはずです。

経理を目指すために有利な資格

経理の業務は、決して特別な資格やスキルが必要な仕事ではありません。とはいえ、経理職を目指すなら、とっておいたほうが有利な資格がいくつかあります。

ひとつは簿記。読んで字のごとく、帳簿に記入するための知識を簿記といいます。しかし、簿記の資格を持っていると、ただ単に帳簿の記入のしかたが分かるというだけではありません。

簿記の資格を取るためにはまず、簿記の基本となっている貸借対照表の考えかたを理解している必要があります。その知識があると、貸借対照表や財務諸表といった会社にまつわる会計書類から、経営状態について分析することもできるようになります。簿記の知識をとおしてコスト意識も身につくので、ビジネスパーソンとしては経理職以外でも持っていて損はない資格といえるでしょう。

帳簿も昔は手書きでしたが、今は会計ソフトを使って管理する企業が多くなりました。そのため経理職に就くためには、帳簿の知識だけでなくパソコンのスキルもあると有利になります。

とくに、ビジネスではさまざまな場面で求められるMicrosoft ExcelとWord関係の資格は、ぜひとっておきたいところです。

「簿記」の資格を取るには

簿記の資格には、大きく分けて3つの系統があります。

一般的に知られているのは、日本商工会議所主催の簿記資格検定、通称「日商簿記」です。日商簿記は、社会人や大学生を対象に行われる資格検定で、6月、11月、2月の年3回、全国で検定試験が行われています。

日商簿記には1級から4級までのレベルがあり、一番下の4級は初心者向けの入門クラスです。履歴書に記入してアピールできるのは3級からで、経理職を目指すなら2級はクリアしておきたいところです。

日商簿記1級ともなると、商業簿記・会計学・工業簿記・原価計算などをすべて理解していること、企業の経営分析ができることを求められます。これは大学で行われている経営学の専門教育レベルで、さすがに独学ではなかなか合格することができません。しかし、2級までなら独学も可能といわれています。

簿記の資格検定にはほかに、商業系の高校生を対象とした全国商業高等学校協会主催の全商簿記、経理専門学校生を対象とした全国経理教育協会主催の全経簿記があります。

簿記の基礎知識が学べるおすすめ参考書

日本商工会議所では、日商簿記検定を受検する人に向けて級数別のテキストや過去問題集を発行しています。年度ごとに新しいものが発行されているので、最新版を購入して学んでみるのもいいでしょう。

ただし日本商工会議所では、日商簿記4級受検者向けのテキストはありません。そのため、まったく知識のない状態から独学で学んでいくのは、少々つらい状況になっています。

まず、簿記の考えかたの基礎の基礎を学びたいという人には、この2冊をお薦めします。

『会計のことが面白いほどわかる本 会計の基本の基本編』(中経出版)

『この一冊ですべてわかる会計の基本』(日本実業出版社)

いずれも、まったく知識のない状態から、簿記の考えかたの基本か学べる初級向けの内容になっています。まずこういった本で基礎的な知識を身につけてから、日商のテキストにチャレンジしてみましょう。

IT関係のスキルを身につけるには

一口にIT関係のスキルと言っても、あまりに幅が広すぎてよく分からないという人も多いのでは。

ビジネスパーソンの常識として。Microsoft Officeに入っているソフトの操作については、一通りできることが望ましいと言われています。経理職では、なかでもMicrosoft Excelの知識は必須と言っていいでしょう。

さらには、Microsoft Officeの上位版に同梱されているデータベースソフト、Microsoft Accessが使えると万全です。Microsoft ExcelのデータをAccessに移行して管理したり、その反対にAccessで管理しているデータをExcelに書き出して運用するといったこともできます。

Microsoft Office関係は、画像をふんだんに使った分かりやすい参考書がたくさん出ています。書店だけでなく、コンビニエンスストアの書籍コーナーにも並んでいます。内容を確認して、一番読みやすいと感じたものを選んでみてください。

Excelであっても、さまざまな関数を使いこなせるという人はそれほど多くありません。Accessに至っては、使ったことがないという人も多いようです。これが使えるとなれば、就職や転職の際に大きな強みになります。

経理のスキルは一般職でも重要

簿記とIT関係のスキルは、経理職に限らず、一般事務や営業にも有用な資格です。業務とは直接関係ないかもしれませんが、スキルを身につける過程で養った知識や考え方は、どんな仕事にも役立つともいえます。また、できることが多くなるほど精神的にも余裕ができて、仕事にも余力を持って取り組めるという効果もあります。

経理職を目指すかどうかはともかくとして、自分磨きのひとつとして資格取得を狙うのもいいのではないでしょうか。

採用サイト制作サービス 採用アクセル
経営者JP

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP