ビジネス

祝日や年末年始の出勤時に会議室に保育施設を設置する新制度を試験運用 セブン‐イレブン・ジャパン

セブン‐イレブン・ジャパン(東京・千代田、古屋一樹社長)は、子育て中の社員が祝日や年末年始に出勤する時に臨時の保育施設を設置する「スポット保育」の試験運用を開始する。

「スポット保育」は保育施設運営の委託サービス業者を活用し、祝日や年末年始などの出勤時に、社員の勤務先にある会議室や付近の会議室などに臨時の保育施設を設置することで子育て中の社員の勤務をサポートしてくれる。

 試験運用は10月10日、11月3日、11月23日に実施する。セブン‐イレブン・ジャパン本社(東京・千代田)、横浜地区事務所(神奈川・横浜)、埼玉地区事務所(埼玉・さいたま)の3つのエリアを対象とし、男女問わず管内で勤務している小学生以下の子どもを持つ社員が利用できる。

 フランチャイズチェーン本部であるセブン‐イレブン・ジャパンでは、加盟店支援のため繁忙期である祝日や年末年始については基本的に勤務日となっている。

 しかし、そうした日に小学校や保育園が休みとなることが多く、小学生以下の子どもを持つ子育て中の社員は勤務が困難となるケースがあった。この問題を解消し、子育て中の社員が存分に活躍できる環境を作ることが目的だ。

採用サイト制作サービス 採用アクセル
経営者JP

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP